本サイトのメイン FlipFlop Square です。どうぞ お立ち寄りください。 マスターブートレコード(MBR)の修復 Earlybird

ハードディスクにはどのパーティションにも属さない「MBR」という領域があります。バイオスが起動 して、そのプロセスが終了すると、ここに収められている小さなプログラムが呼び出されます。 このプログラムが起動すると、アクティブなパーティションを探し出し、 そこに書き込まれているOSを起動する出発点となる「イニシャルプログラムローダー(IPL)」を呼び出します。
このように、「MBR」は単に「IPL」を呼び出すだけの役目ですが、 OSを起動するための通過点です。「MBR」が破損すると、ここで止まってしまい、OSを起動することができません。 しかも、「MBR」は破損しやすいのです。Windows のロゴが表示される 手前で止まってしまう場合は「MBR」の破損と考えてみるべきでしょう。
では、そのような場合の「MBR」の修復方法です。



◆Windows 98/Me の場合
1.起動ディスクをセットして、→パソコンの電源を入れます。→MS-DOSモードが起動します。
2.プロンプト(A:\>)に「fdisk /mbr」と入力、→「Enter」キーを押します。
3.再びプロンプトが表示されたら修復は完了です。→「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを押して「Windows」を起動します。

◆Windows 2000/XP の場合
A.バイオス画面でファーストブートドライブをCD-ROMにします。バイオスの起動と設定の方法は, パソコンに付属のマニュアルなどをご覧下さい。
B.「Windows」のシステムCD-ROMをセットして、 →バイオス画面から抜けると、→CD-ROM内 のシステムで起動します。
C.青い画面がしばらく続き、→「セットアップへようこそ」の文字が表示されます。 →画面の表示に従って 「R」キーを押し「修復ステップ」に入ります。
D.「半角/全角」キーを押し、 →「Y」キーを押し、→「Enter」キーを押します。 →しばらくすると 「Windows 2000(XP) 修復オプション」が表示されます。
E.「C」キーを押して「回復コンソール」に入ります。
F.「1」キーを押し、→「Enter」キーを押します。
G.「Administratorのパスワードを入力して下さい」と表示されたら、 →パスワードを入力して、→ 「Enter」キーを押します。
※ パスワードを設定していなければ、何も入力しないで「Enter」キーを押します。
H.プロンプトに「fixboot」と入力、→「Enter」キーを押します。 「fixboot」のあとに「fixmbr」もやってみましょう。
I.「新しいブートでセクタは正しく書き込まれました」と表示されたら、→プロンプトに「exit」と入力、→ 「Enter」キーを押します。→(Windowsが起動します。)

【Windows XP の Boot.ini の修復】
Windows XP の起動時に 「コンピュータディスクハードウェア構成の問題のため、Windows を起動できませんでした」 と表示される場合は「Boot.ini」ファイルが破損している可能性があります。
上記の「H.」で「bootcfg /rebuild」と入力、→「Enter」キーを押します。