本サイトのメイン FlipFlop Square です。どうぞ お立ち寄りください。 仮想メモリ領域の設定 Earlybird

◆仮想メモリとは・・・
平ったく言えば,RAM(物理メモリ)が足りなくなったときにHDDの一部をRAM代わりに間借りする居候 みたいなもんですよね。用語の解説はこちら
私の場合は起動ドライブ(OSがインストールされているドライブ)ではなく,データを格納するEドライブ に仮想メモリ領域を割り当てています。これはOSのドライブを保護することと,ファイルの断片化を防ぐ 意味があるとの見解を示しているサイトを参考にしたものです。



<私の仕事用PCの設定>
・Cドライブ(Windows2000) ページングファイルなし(仮想メモリ領域なし)
・Dドライブ(WindowsXP)      〃
・Eドライブ(Data) カスタムサイズ 初期サイズ 958MB 最大サイズ 958MB (推奨値です。)



◆設定画面へのアプローチ
マイコンピュータ右クリック→プロパティからも入れますが,王道からいきましょう。
・コントロールパネル→システム→詳細設定タブ→パフォーマンス欄の「設定」→詳細設定タブ
一番下の「すべてのドライブのページングファイルサイズ」はいくらになっていますか?(私のは958MBです。)

◆仮想メモリ領域の変更
「変更」をクリック→ドライブが複数表示されてますね。 ここではC:Windows D:Data の2つのドライブがあると仮定します。(上の画面とは異なります。)
そのうちDドライブに仮想メモリ領域を割り当てしましょう。
・Cドライブを選択状態にして「ページングファイルなし」をクリックして印を付けます。→「設定」をクリック
・次にDドライブを選択状態にして「カスタムサイズ」をクリックして印を付けます。
・初期サイズ欄に下に表示されている「推奨」の値を入力します。
・最大サイズ欄も同じ値を入力します。→「設定」をクリック
・上のドライブの欄に,Cドライブについては空欄,Dドライブは推奨値−推奨値 (たとえば958−958)が表示されましたね。
・「OK」をクリックすると「再起動」を要求してきます。指示に従って再起動します。