本サイトのメイン FlipFlop Square です。どうぞ お立ち寄りください。 自前のテキストエディタでHTMLソースを開こう Earlybird

デフォルトでは「メモ帳」で開きますが,決して便利なテキストエディタではありません。行数もわからないし,ここは自前の テキストエディタで編集したいところです。
ところが,ただ単に関連付けしただけではHTMLソースを開くことはできません。次のとおりレジストリにキーを作ります。
でも,フリーソフトの「窓の手」でやると,これらも簡単にできますが・・・・・ね。不安な場合はそちらでどうぞ!



◆<スタート>メニュー → <ファイル名を指定して実行(R)> を選び [名前] 欄に 『regedit』 と入力して ボタンをおして、 レジストリエディタを起動します。
HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Internet Explorer を選択した状態にします。
◆キーが選択された状態で、右クリック → <新規(N)> → <キー(K)> とし、新しくできたキーの名称を 『View Source Editor』 にします。
◆さらに 『View Source Editor』 を右クリック → <新規(N)> → <キー(K)>とし、名前を 『Editor Name』 にします。
◆作ったキーを開いた状態で、右ウィンドウ (標準) アイコンをダブルクリックします。
◆[値のデータ(V)] 欄に、エディタへのフルパスを記述します。(あなたのエディタのEXEファイルがあるところです。)
 ちなみに私のエディタのフルパスは「E:\Data\Soft&Driver\mke376j\MKEditor.exe」です。

◆レジストリの編集は重大なトラブルを招く恐れがありますので十分気をつけてください。

<窓の手の設定画面> ・・・ WindowsXP用のものです。