Photo Filtre 006 / 境界線と塗りつぶし 簡単なアンケートです。ご協力ください。

Enjoy JTrim > JTrim Lab > PhotoFiltre > Photo Filtre 006
次のページへ >>
ご質問は 画像加工質問掲示板/Help Forum へどうぞ!

PhotoFiltre の「塗りつぶし」は JTrim とは若干異なります。ここでは「境界線」の使い方も含めて 説明します。




<No.1> JTrim での塗りつぶしは「許容範囲」を調節することによってその範囲を決めることができます。 たとえばこんなふうに。。。。。


<No.2> また、範囲選択することによって、塗りつぶしの範囲を限定することも可能です。 あくまで矩形選択ですが。。。。。


<No.3> 範囲を選択して許容範囲を100にして塗りつぶすと、その範囲がすべて塗りつぶされることになります。


<No.4> では、photoFiltre ではどうでしょう。まず「なげなわツール」で範囲を選択します。


<No.5> 「編集」→「境界線と塗りつぶし」を選択


<No.6> ダイヤログが出ますから、「塗りつぶしオプション」で「塗りつぶし」にチェックを入れて「カラー」で色を設定します。 「スタイル」は塗りつぶし方の設定ですが、デフォルトでは「全面塗りつぶし」が選択状態です。通常はこれでOK


<No.7> [OK]でこのように塗りつぶしされます。したがって、範囲選択の仕方で矩形も含めたいろんな形に 塗りつぶし可能ということになります。


<No.8> 今度は色による塗りつぶしではなく、模様によるものをご紹介します。 範囲選択後、「編集」→「境界線と塗りつぶし」と進みます。ダイヤログが出ますので 「塗りつぶしパターン」にチェックを入れて、右側のフォルダのアイコンをクリックします。


<No.9> パターンの画像ファイルが表示されますので、お好みの模様を選択状態にして「開く」です。


<No.10> このように、範囲選択した部分がパターン登録された模様で塗りつぶしされました。


<No.11> 今度は境界線を入れてみましょう。線を入れたい部分(というか、書きたい線をそのまま)を範囲選択します。 ここでは長方形の囲み線となるよう選択しました。


<No.12> 範囲選択後、「編集」→「境界線と塗りつぶし」と進みます。 ダイヤログが出ますので「境界線オプション」の「境界線」にチェックを入れ、「カラー」と「幅(線の太さ)」を設定します。
ここで注意していただきたいのは、「塗りつぶしオプション」にもチェックを入れて、塗りつぶしと併用することも可能です。 併用すると、境界線で囲まれたエリアが塗りつぶしされた格好に仕上がります。


<No.13> はい、このようになりました。JTrim でいえば、「文字入れ」を使って、文字を入れずにスペースで囲い線を作ったのと 似ていますね。ただ、PhotoFiltre ではいろんな形の囲み線、というか境界線が可能です。


<No.14> こんな感じです。JTrim と PhotoFiltre は、相互に補完し合いながら使いと面白いですね。 並みの画像系シェアウェアなんか、かなわないかもしれません。動作も「サクサク」軽いですし。。。。。


◆このページは Enjoy JTrim 内の「PhotoFiltre」の一つです。

お立ち寄り記念に簡単なアンケートへご参加ください。 こちらからどうぞ!