ペイントソフト PictBearを使ってみよう

メニュー別使い方へ戻る
ご質問は 画像加工質問掲示板/Help Forum へどうぞ!

画像作成・加工によく使うソフトとしては,JTrimのようなフォトレタッチのほかにペイント系のソフトがあります。 代表的なものとしてはWindowsに付属する Paint がありますね。ここではペイント系フリーソフトしても人気の高い PictBear をご紹介します。配布元は,かの有名なタブ型ブラウザ Sleipnir でおなじみの Bear Factory です。

PictBear は現在 PictBear Version 1.74 正式版と,PictBear Second Edition Version 2.00 RC5 の 2つの種類が配布されています。SEが正式版として配布される日も間近いことでしょう。
ダウンロード先は次のとおりです。
■PictBear http://sleipnir.pos.to/software/pictbear/index.html
■PictBear Second Edition http://sleipnir.pos.to/software/pbse/index.html

PictBear を親しみやすくしてくださるサイトさんがあります。名前は Lime World といい,PictBear を使ってみようと いう方は,まず最初にお世話になってください。ここから PictBear に関連するサイトへ飛ぶこともできます。
■Lime World 




PictBear Version 1.74 正式版

<ペイントソフトウェア PictBear の特徴>
・豊富な描画ツールを使うことができる。
・プラグインとしてフィルタを提供しているので、追加ができる。
・マスクで画像の一部を保護できる。
・Windows 標準の使い易いユーザーインターフェイスである。
・本格的なレイヤーを搭載している。
・スクリプトにより各種操作ができる。
・フリーソフトとして公開しているので誰でも自由に使用できる。


PictBear Second Edition Version 2.00 RC5

<ペイントソフトウェア PictBear SE の特徴>
・フリーソフトである。
・強力なカスタマイズ機能
・本格的なレイヤー機能
・GIF/PNG/JPEG の読み書きをサポート
・様々なイメージタイプをサポート
・フィルタはフィルタプラグインで拡張可能
・対応フォーマットはプラグインで拡張可能
・処理の自動化を行うスクリプト機能
・使いやすいパレット管理
・癖の無い UI で簡単に使用可能
旧バージョンとの違い (ヘルプより抜粋)

PictBear Second Edition は旧バージョン (Version 1.xx 系) と以下の違いがあります。
- SDI から MDI に変更した。(複数のイメージを同時に編集できるようになりました)
- フルカラー以外のイメージタイプをサポートした。
- スクリプトを PPA からオートメーションを利用する方式に変更した。
- レイヤーの使用メモリ削減、描画速度を改善した。
- ファイルやデバイスからデータを読み込むインポートプラグインをサポートした。
- ファイルやデバイスにデータを書き込むエクスポートプラグインをサポートした。
- キーボード、メニュー、ツールバーをフルカスタマイズできるようにした。
- 背景レイヤーの概念を導入した。
- ブラシをグレースケールイメージから追加できるようにした。
- 新たに3種類のレイヤーモードをサポートした。
- アンドゥ/リドゥで変更する内容を確認できるようにした。

(*) 注意
PictBear 1.xx で作成した PBX (PictBear Standard Files) はそのまま PictBear Second Edition で読み込めますが、PictBear Second Edition で作成 した PBX は PictBear Version 1.xx で読み込むことはできません。あらかじめご了承下さい。


このページのURL:http://www5f.biglobe.ne.jp/~ayum/gazouhenkan/jtrim/pictbear.html

■このページは Enjoy JTrim というページにある「JTrim 実験室」の一つです。
Enjoy JTrim へ移動するには ここ をクリックしてください。



to Page top