JTrim 085 / サントリー プレミアムモルツ風加工 簡単なアンケートです。ご協力ください。

Enjoy JTrim > JTrim Lab > 加工アラカルト >
関連項目を見る >>   次のページへ >>
ご質問は 画像加工質問掲示板/Help Forum へどうぞ!

矢沢の永ちゃんがキャラクターとなっている「サントリー プレミアムモルツ」のコマーシャルです。 ビールだけがカラーで、それ以外は「白黒」っていう設定で、ビールの存在にインパクトを与えています。 元画像に手ごろなものがなかったので、WEBからサンプル画像を拝借しました。


<No.1> こんな画像を準備しました。WEBから拾ったものですので透かし文字が入っています。(ご勘弁です)


<No.2> ビールの周りを「黒」で塗りつぶします。
参考:JTrim 074 / 背景部分のモノクロ(セピア)化&塗りつぶしのコツ


<No.3> こんな感じになりました。


<No.4> 「複写」を使って細かなところを処理していきます。
参考:JTrim 074 / 背景部分のモノクロ(セピア)化&塗りつぶしのコツ


<No.5> このままだと「ギザギザ」が目立つので、ビールと「黒」の接触部分を小さく矩形選択し、 「加工→ソフトにする」「加工→ソフトレンズ」「加工→ガウスぼかし」を使って滑らかにします。
参考:JTrim 010 / 切り抜き画像のエッジぼかし
これで合成する画像は出来上がりです。


<No.6> 次に、元画像を「グレースケール変換」し、モノクロ画像にします。
その後に「明るさ/コントラスト」で、明るさを「−35」程度にします。
(これをしないと、明るい画素優先で合成すると、ビールの色がうまく出ません)


<No.7> 黒く塗りつぶしたビールの画像をJTrimで読み込んで、「編集→コピー」とし、そのJTrimを閉じます。
・モノクロの画像をJTrimで読み込んで「編集→合成」
・合成のダイヤログで「クリップボードから入力」にチェック
・明るい画素優先のラジオボタンONとします。
参考:JTrim 074 / 背景部分のモノクロ(セピア)化&塗りつぶしのコツ


<No.8> 自然な感じにするために、ビールを矩形選択し、「加工→ソフトレンズ」とします。
適宜ブラインドなどの加工を入れたりします。


<No.9> 最後に文字を入れてから明るめに補正して、まずまずの完成です。
文字入れは、「白」で「不透明度:60」としました。


<No.10> ちなみに PhotoFiltre で切り抜いてから、JTrim の座標指定で位置を決め、 明るい画素優先で合成、明るめに補正したものがこれです。
参考:JTrim & PhotoFiltre 014 / 一番キレイに仕上がる切り抜き&背景の無地化


◆このページは Enjoy JTrim 内の「JTrim Laboratory 〜 初心者向け実験室」の一つです。

お立ち寄り記念に簡単なアンケートへご参加ください。 こちらからどうぞ!