JTrim 082 / 複数のJTrimで使いやすくしよう 簡単なアンケートです。ご協力ください。

Enjoy JTrim > JTrim Lab > JTrimの基本 >
関連項目を見る >>   次のページへ >>
ご質問は 画像加工質問掲示板/Help Forum へどうぞ!

「文字入れ」や「余白作成」などでもわかるように、JTrimは作業後にデフォルトの設定に戻らないメニューが多いですね。 同じ作業をするようなメニューは、いつもその設定のほうが使いやすいのですが、一度設定数値を変えると、 それを保持しますので、いつもの作業のときは、改めて設定しなおさなければなりません。
JTrimは設定自体をiniファイルに記録しますから、設定に応じたたくさんのJTrimを使うことができます。 たとえば、「文字入れ専用JTrim」「枠線専用JTrim」「いつも同じ座標で切抜きするJTrim」とか、使いようでは便利な使い方です。
かといって、デスクトップにたくさんのJTrim1のショートカットを置いておくのも考えものですね。 JTrimを次々に起動する作業の場合はたいへんです。すでに起動している画面を一時的に閉じなければ、必要なJTrimを 起動できなかったりします。
デスクトップの下に配置されているツールバーからそれぞれ必要なJTrimが起動できたら便利だと思いませんか?


<No.1> デスクトップの何もないところで右クリックし、「新規作成」→「フォルダ」と進みます。


<No.2> デスクトップに「新しいフォルダ」ができます。適当な名前を付けてください。ここでは「MyJTrim」としました。
この段階で、当該フォルダのディレクトリ(フォルダの位置)を決定してください。ここではMy Documentsに置くこととします。


<No.3> ここでは3つのJTrimを作ることで説明します。1つ目は「文字入れ専用」、2つ目は「枠線専用」、 3つ目は「座標指定切抜き専用」です。
それでは早速JTrimの書庫版をダウンロードのうえ解凍してください。解凍したらフォルダのコピーを2つ作って、JTrim153cフォルダを 3つにしてください。 それぞれのフォルダの名前を変更します。たとえば「文字」「枠線」「座標」という感じです。


<No.4> My Documents内に、たとえば [JTrimsoft] という名前のフォルダを作って、そのなかに「文字」「枠線」「座標」の 3つのフォルダを入れます。「文字」フォルダ内にあるJTrim実行ファイルのショートカットを作り、名前を「文字」とし、 No.2で作ったMy Documents内のMyJTrimフォルダに入れます。「枠線」「座標」フォルダについても同じ作業をします。 これでMyJTrimフォルダ内には「文字」「枠線」「座標」というJTrimのショートカットができましたね。




<No.5> 引き続いて「ツールバー」を右クリックします。こんなメニューが出てきます。


<No.6> 「ツールバー」→「新規ツールバー」と進んでください。


<No.7> No.2で作成したフォルダ「MyJTrim」を選択状態にして「OK」をクリックします。


<No.8> ツールバーに「MyJTrim」という表示が出ましたね。これでOKです。


<No.9> 早速「MyJTrim」の右側にある「矢印みたいなところ」をクリックしてください。JTrimのショートカットが 3つ出てきます。それぞれ起動できることを確認してください。
日常的に行うJTrimでの同じ作業は、それぞれのJTrimで設定を保持していますので、作業に応じて使うことができます。
なお、このショートカットを「送る」で使うと、なお便利です。 「送る」Send To の活用




<No.10> 「イメージ」→「座標指定切り抜き」で、常に同じ縦横比やサイズで範囲選択やトリミングをする場合も この方法が有効です。目的に合わせたJTrimを作っておけばいいわけですね。

 JTrim は、ソフトを終了する直前に行った手順の設定を ini ファイルに保存します。
これを利用すれば、複数のJTrimを用いて、同じサイズとか同じ縦横比にトリミングするというような 作業が便利になります。つまり、作業内容によって複数のJTrimを使い分けする手法です。

 ここでは、矩形範囲選択やトリミングの作業で、常に同じサイズ、縦横比を使うケースについてご説明しましょう。
具体的には、複数(ここでは2つ)のJTrimをパソコンに入れ(書庫版)、それぞれの実行ファイルのショートカットに たとえば 400×300(4:3)の場合はJTrim-1、 300×200(3:2)の場合はJTrim-2 というふうに 名前を付けておきます。

◆JTrim-1(4:3)の設定
・ JTrim-1「400×300(4:3)」を起動します。
・座標切り取りのダイヤログに 【座標1】x:0、y:0 【座標2】x:400、y:300 と入力します。
・「縦横比を維持する」にチェックを入れます。
・「OK」として切り抜きます。
・画像を保存するなどしてJTrimを終了します。

◆JTrim-2(3:2)の設定
・ JTrim-2「300×200(3:2)」を起動します。
・座標切り取りのダイヤログに 【座標1】x:0、y:0 【座標2】x:300、y:200 と入力します。
・「縦横比を維持する」にチェックを入れます。
・「OK」として切り抜きます。
・画像を保存するなどしてJTrimを終了します。

(1)複数の画像を(4:3)の比率でトリミングする場合
・JTrim-1を開きます。
・座標切り取りのダイヤログには【座標1】x:0、y:0 【座標2】x:400、y:300 が入力されています。
・矩形の右下にマウスを当てて、ドラッグしながらトリミングのサイズを決めます。
・矩形の内部にマウスを当てて、ドラッグしながらトリミングの位置を決めます。
・サイズと位置が決まったら「OK」とします。
※位置を移動してトリミングした場合、つまり【座標1】x:100、y:100 【座標2】x:500、y:400 のようにトリミングして終了した場合は、次回の座標切り取りのダイヤログは 【座標1】x:100、y:100 【座標2】x:500、y:400となっていますが、縦横比は変わりません。

(2)複数の画像を(3:2)の比率でトリミングする場合
・JTrim-2を開きます。
・座標切り取りのダイヤログには【座標1】x:0、y:0 【座標2】x:300、y:200 が入力されています。
・矩形の右下にマウスを当てて、ドラッグしながらトリミングのサイズを決めます。
・矩形の内部にマウスを当てて、ドラッグしながらトリミングの位置を決めます。
・サイズと位置が決まったら「OK」とします。
※位置を移動してトリミングした場合、つまり【座標1】x:100、y:50 【座標2】x:400、y:250 のようにトリミングして終了した場合は、次回の座標切り取りのダイヤログは 【座標1】x:100、y:50 【座標2】x:400、y:250となっていますが、縦横比は変わりません。

(共通)
 縦横比は常に変わらないのですが、そのときの矩形選択部分のサイズを確認したり、サイズを 決めたりする場合は、矩形選択部分の範囲内にマウスを当てて、【座標1】を左上の x:0、y:0 に なるように移動すれば、数値を確認しながらサイズ確認とサイズ変更ができます。


◆このページは Enjoy JTrim 内の「JTrim Laboratory 〜 初心者向け実験室」の一つです。

お立ち寄り記念に簡単なアンケートへご参加ください。 こちらからどうぞ!