JTrim 070 / プラグインでTIFFやPSD形式の画像を開いてみよう 簡単なアンケートです。ご協力ください。

Enjoy JTrim > JTrim Lab > その他 >
2008.03.09 一部書換(PSD画像の場合を追加)  関連項目を見る >>   次のページへ >>
ご質問は 画像加工質問掲示板/Help Forum へどうぞ!

デフォルトのJTrimでは読み込むことのできないTIFF形式PSD形式の画像を読み込む プラグインの追加をの仕方を説明しましょう。 プラグインはSusieの部屋PhotoPrint「Susieプラグインの情報」で配布されています。
【JTrimヘルプファイルからの抜粋】
◆対応している画像形式
JTrimでは、標準で入力形式に「ビットマップ」「JPEG」「JPEG2000」「PNG」「GIF」「アイコン」、 出力形式に「ビットマップ」「JPEG」「JPEG2000」「PNG」「GIF」の画像フォーマットに対応しています。 Susieプラグインを使用すれば、標準以外の様々な画像形式が入力できるようになります。 Susieがインストールされているか、SusieプラグインがJTrimと同じディレクトリに格納されている場合は自動認識します。 Susieはフリーの優れた画像ビューワであり、竹村嘉人 (たけちん)氏の著作物です。
Susie及びプラグインは以下のホームページから入手できます。
Susieの部屋: http://www.digitalpad.co.jp/~takechin/
PhotoPrint「Susieプラグインの情報」: http://www.humblesoft.com/fotoprint/susie-plugins.html

◆まず、TIFFとPSD形式の画像をダウンロードしてください。ダウンロードはこちら
ダウンロードしたら、あなたのJTrimで開いてみてください。どうですか? 開けないでしょう。 SusieのPlug-inを追加して、これを開けるようにしてみましょう。


<No.1> 早速 Susieの部屋 へ いってみましょう。 (PSDファイルの場合は PhotoPrint「Susieプラグインの情報」 から入って、PSD「Adobe Photoshopのフォーマット」の [ifpsd005.lzh] Photoshop2.5互換 をダウンロードし、以下手順は同じです。)


<No.2> Plug-in package ver0.08 をダウンロードします。


<No.3> ダウンロードして解凍すると、sp32008というフォルダができます。これはその中身ですが、 13のファイルが入っています。11のSPIファイルと2つのTXTファイルです。 これをJTrimのフォルダへ移動またはコピーします。(JTrimのフォルダは、セットアップ版であれば Program Filesフォルダにあります。書庫版は貴方しかわかりません。)


<No.4> JTrimフォルダ(ここでは jt152 フォルダ)の中に入りました。


<No.5> ここでデフォルトのJTrimが扱うことのできる画像形式を「一括変換」の画面で確認しましょう。 デフォルトでは入力画像6種類、出力画像5種類ですが、プラグインによって赤枠内の9種類のフォーマットが 追加されます。もちろんTIFF形式も読み込み可能となります。


<No.6> SusieのPlug-inを入れる前の「一括変換」の設定画面です。


<No.7> SusieのPlug-inを入れた後の「一括変換」の設定画面です。このようにTIFF形式も入力できるようになりました。


<No.8> ダウンロードした画像【sample.tiff】と同じものをJTrimで読み込んだスクリーンショットです。このようにして、 TIFFをBMPやJPG、GIF、PNGへ変換することが可能となります。 (※試しに1.5MB程度の容量の大きなTIFFを読み込んでみましたが、大きすぎて無理なようでした。これはTIFF形式に限らないようです。 私のPC環境のせいでしょうか?)


◆このページは Enjoy JTrim 内の「JTrim Laboratory 〜 初心者向け実験室」の一つです。

お立ち寄り記念に簡単なアンケートへご参加ください。 こちらからどうぞ!