JTrim を入手しよう 〜 セットアップ版とLHA書庫版 簡単なアンケートです。ご協力ください。

Enjoy JTrim > JTrim Lab > JTrimの基本 >
ご質問は 画像加工質問掲示板/Help Forum へどうぞ!

JTrim はバージョンアップを繰り返し、新しい機能が次々追加されています。 フリーウェアですから無料で使えるわけですが、まずはダウンロードしなければどうにもなりません。 ここでは セットアップ版とLHA書庫版について、ダウンロードから使えるようにするまでを解説しますので、 特に書庫版を使ったことのない方は参考にしてください。
セットアップ版とLHA書庫版の違いは、ウィザード形式で通常のアプリケーションのインストールのように Program Files へ ファイルが置かれるような前者に対して、LHA書庫版はセットアップウィザードがなく、一切のプログラムファイルを 好きなところに置いておくことができます。レジストリをいじらないフリーソフトにはこのタイプが多いので、 マイドキュメントに「freesoft」というフォルダを作って管理するのもよい方法ですね。
私は、2種類あったときは ほとんど「書庫版」をダウンロードしています。
※このページは JTrimのversion1.52とそれ以前のスクリーンショットを使って作りましたが、ダウンロードやその後の 流れを理解するには特に支障はないと思います。

正式ダウンロードは WoodyBells さんのサイトですが、 ここでも同じものを配布していますのでご利用ください。

◆セットアップ版 ダウンロード
JTrim Version 1.53c (1491KB)

◆LHA書庫版 ダウンロード(解凍してお使いください)
JTrim Version 1.53c (1284KB)



◆JTrim official download → WoodyBells (別ウィンドウ)    ◆ セットアップ版 解説   ◆ LHA 書庫版 解説

 開発者である WoodyBells さんのサイトでは、JTrim の利用について 次のように記されています。 安心してご活用ください。


セットアップ版 解説

<No.1> まず JTrimの配布元である WoodyBells さんのトップページ にいきます。 以下の説明画像のなかにはバージョンが変わっているかもしれませんが、 手順は変わりませんので気にしないでやってみてください。


<No.2> ここではセットアップ版を入手しますので、こちらをクリックします。


<No.3> この画面が出たら、「保存」です。


<No.4> このように「保存する場所」をデスクトップにして「保存」します。


<No.5> ダウンロードが完了しました。「閉じる」です。


<No.6> デスクトップにこのようなアイコンができましたね。これが「JTrimのセットアップの実行ファイル」です。 ダブルクリックしてセットアップを実行します。


<No.7> 「セキュリティの警告」ダイヤログが出ます。安心して「実行」してください。


<No.8> 「セットアップウィザード」の開始です。


<No.9> 通常はこのままです。CドライブのProgram Filesにインストールします。


<No.10> 「プログラムグループの選択」です。このまま「次へ」


<No.11> 「デスクトップにアイコンを作成する」にチェックが入っていることを確認して「次へ」


<No.12> 「準備ができた」そうなので「インストール」をクリックです。


<No.13> すぐ終わったでしょう。「終了」をクリックします。


<No.14> JTrimのショートカットアイコンがデスクトップに出来てますね。ダブルクリックして起動してください。 さぁ!これで準備完了です。思いっきり JTrimを楽しんでください。




LHA 書庫版 解説

<No.1> まず JTrimの配布元である WoodyBells さんのトップページ にいきます。 以下の説明画像のなかにはバージョンが変わっているかもしれませんが、 手順は変わりませんので気にしないでやってみてください。


<No.2> ダウンロードのページに移動しますから、「LHA書庫版」のところにある JTrim Version をクリックします。


<No.3> ファイルのダウンロード画面で「保存」をクリックします。


<No.4> 「名前を付けて保存」の画面が出ます。ここでは「デスクトップ」に保存してみましょう。 「保存ボタン」をクリックします。


<No.5> ダウンロードが始まりますので、完了したら「閉じる」をクリックします。


<No.6> デスクトップにこのようなアイコン「jt142a.lzh」(142aはバージョンによって異なります)ができましたね。
これでダウンロードは完了です。


<No.7> そのアイコンをダブルクリックで解凍します。(解凍できない場合は解凍ソフトが必要ですので、ここで後ほどご紹介します。)
そうすると、同じデスクトップに「jt142a」というフォルダができて、そのフォルダが開いた状態になります。


<No.8> その「jt142a」というフォルダを、あなたのお好きな場所へ移動してください。ここでは「Soft&Driver2」というフォルダに 入れたところです。なお、「jt142a.lzh」という圧縮ファイルは削除してかまいません。


<No.9> お好きな場所へ移動したら「jt142a」フォルダを開いてください。そこに JTrim.exe というファイルがありますね。 それが JTrim の実行ファイルです。 それを右クリックしてデスクトップにショートカットを作ってください。


<No.10> これがデスクトップにできた JTrim の実行ファイルのショートカットです。これをダブルクリックすれば JTrim が起動します。
画像を右クリックの「送る」から JTrim で開くことができます。こうしておくと、とっても便利です。 「送る」で開く方法は こちら


◆このページは Enjoy JTrim 内の「JTrim Laboratory 〜 初心者向け実験室」の一つです。

お立ち寄り記念に簡単なアンケートへご参加ください。 こちらからどうぞ!