| HOME | Profile | Forum | アクセス集計 | 厳選/備忘リンク集 | CGI バラエティ | Enjoy JTrim | JTrim Ring |


◆コマンド一覧  ※ フォントの都合上 半角英数の¥を全角で表示しています。

 起動/入力/終了
 DIR
 CD (or CHDIR)
 FORMAT
 XCOPY
 MORE
 RECOVER
 
 NETSTAT
 画面サイズの変更
 DEL
 MD (or MKDIR)
 DISKPART
 TASKLIST
 SYSTEMINFO
 
 
 IPCONFIG
 ページ単位で表示
 REN (or RENAME)
 RD (or RMDIR)
 CHKDSK
 TASKKILL
 DRIVERQUERY
 
 
 PING
 結果を[.txt]で保存
 ASSOC
 COPY
 DEFRAG
 ATTRIB
 FC
 
 
 
 ファイル名[DIR /X]
 FTYPE
 MOVE
 CONVERT
 TREE
 REPLACE
 
 
 


Command Prompt へ戻る Command Prompt へ戻る

◆ MORE ・ ・ ・ テキストファイルをページ単位で表示

MOREコマンドは現在保存されているテキストファイルの内容をページ単位で表示するものです。 同じようなコマンドにTYPEコマンドがありますが,これだと長いファイルの場合はあっという間に スクロールして見えなくなってしまいます。MOREの場合は1ページ表示されると「--MORE--」を 表示して自動的に表示を停止し,あとはキー操作で見ることができます。
またファイル名を指定しない場合,標準入力のデータをテキストとみなして,それをページ単位で 表示します。そのため,他のコマンドの実行結果をページ単位で表示する「パイプ機能」を 利用することができます。<例-2>
<例-1>D:¥test>more test001.txt  Dドライブのtestフォルダにあるtest001.txt の内容を表示する。
こんな使い方もできます。
<例-2>C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>dir c:windows | more  Cドライブのwindowsフォルダの内容をページ単位で表示する。 パイプ[ | ]は [Shift]+[¥]で入力できます。


操作キー説   明
[Space]1ページスクロール
[Enter]1行スクロール
[P]+数字次の[数字]行を表示
[S]+数字次の[数字]行をスキップ
[F]次のファイルを表示
[Q]終了
[=]行番号を表示
[?]ヘルプを表示


テキストファイルをページ単位で表示
このようにテキストの内容をコマンドプロンプトで見ることができます。




Cドライブのwindowsフォルダをページ単位で表示したものです。