| HOME | Profile | Forum | アクセス集計 | 厳選/備忘リンク集 | CGI バラエティ | Enjoy JTrim | JTrim Ring |


◆コマンド一覧  ※ フォントの都合上 半角英数の¥を全角で表示しています。

 起動/入力/終了
 DIR
 CD (or CHDIR)
 FORMAT
 XCOPY
 MORE
 RECOVER
 
 NETSTAT
 画面サイズの変更
 DEL
 MD (or MKDIR)
 DISKPART
 TASKLIST
 SYSTEMINFO
 
 
 IPCONFIG
 ページ単位で表示
 REN (or RENAME)
 RD (or RMDIR)
 CHKDSK
 TASKKILL
 DRIVERQUERY
 
 
 PING
 結果を[.txt]で保存
 ASSOC
 COPY
 DEFRAG
 ATTRIB
 FC
 
 
 
 ファイル名[DIR /X]
 FTYPE
 MOVE
 CONVERT
 TREE
 REPLACE
 
 
 


Command Prompt へ戻る Command Prompt へ戻る

◆ RD (or RMDIR) ・ ・ ・ 既存のディレクトリを削除

RDまたはRMDIRは,既存のディレクトリを削除します。ワイルドカードや複数のディレクトリを 指定することも可能で,パス名が指定されていない場合はカレントディレクトリにある 指定名のディレクトリが削除の対象になります。
/Sのオプションを指定しなかった場合は,削除するディレクトリ内に1つでもファイルやディレクトリ があったときは削除できません。オプションを指定することで,削除するディレクトリから下層の すべてのファイルとディレクトリが削除されます。
<例>C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>rmdir d:¥test  Dドライブにあるtestというディレクトリを削除します。(ただし,下層にディレクトリやファイルが 存在した場合は削除されません。)
<例>C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>rd /s d:¥test¥test1  Dドライブにあるtestというディレクトリの下層にあるtest1というディレクトリを削除します。 (その下層にtest2というディレクトリがありますが,/sオプションにより削除されます。)


オプション説   明
/Sディレクトリに含まれる下層の ディレクトリ及びファイルをすべて削除する。
/Qディレクトリツリーが削除 されるとき,確認メッセージを表示しない。


ディレクトリの削除(その1)
この画面は,MKDIRで作成したDドライブのtestディレクトリ(フォルダ)の下層にあるtest1を 削除したものです。





ディレクトリの削除(その2)
この画面は、漢字の名前(瑠璃)のフォルダを attrib コマンドで属性を確認し、 瑠璃フォルダをRDコマンドで削除したものです。




◆もし、フォルダ名にスペースが含まれていたとしましょう。これで「y」を入力すると。。。


◆こんなふうに「aa」と「bb」という2つのフォルダと判断されて、それぞれに対して聞いてきます。


そんなときは、ダブルクォテーションマーク【” ”】で、スペースの含まれたフォルダ名をくくってください。