| HOME | Profile | Forum | アクセス集計 | 厳選/備忘リンク集 | CGI バラエティ | Enjoy JTrim | JTrim Ring |


◆コマンド一覧  ※ フォントの都合上 半角英数の¥を全角で表示しています。

 起動/入力/終了
 DIR
 CD (or CHDIR)
 FORMAT
 XCOPY
 MORE
 RECOVER
 
 NETSTAT
 画面サイズの変更
 DEL
 MD (or MKDIR)
 DISKPART
 TASKLIST
 SYSTEMINFO
 
 
 IPCONFIG
 ページ単位で表示
 REN (or RENAME)
 RD (or RMDIR)
 CHKDSK
 TASKKILL
 DRIVERQUERY
 
 
 PING
 結果を[.txt]で保存
 ASSOC
 COPY
 DEFRAG
 ATTRIB
 FC
 
 
 
 ファイル名[DIR /X]
 FTYPE
 MOVE
 CONVERT
 TREE
 REPLACE
 
 
 


Command Prompt へ戻る Command Prompt へ戻る

◆ DIR ・ ・ ・ ファイルの一覧を表示/検索

◆ファイルの一覧を表示
DIRコマンドは,指定したディレクトリ中に含まれるファイルの一覧を表示します。
パス名,ファイル名のいずれも省略した場合は, カレントディレクトリに含まれるすべてのファイルを表示します。
<例>C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>dir /s  あなたのPCのCドライブにあるすべてのファイルを表示します。
<例>C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>dir /ah c:¥  Cドライブにある隠しファイル属性を付加されたファイルを表示します。
このコマンドは起動に関する次のような重要なファイルが表示されます。
boot.ini bootfont.bin NTDETECT.COM ntldr
 など


オプション説   明
/P表示を一画面ごとに停止
/Wワイド一覧形式で表示
/Bディレクトリ名とファイル名だけを表示
/Sサブディレクトリ中のファイルもすべて表示
/X8+3形式以外のLFNが使われているファイルに対し、8+3形式のSFNをあわせて表示
/A[属性記号]指定した属性のファイルだけを表示  (例) /ah ・・・隠しファイルだけを表示

属性記号属   性
Dディレクトリ ・・・ Directory
R読み取り専用 ・・・ Readonly
H隠しファイル ・・・ Hidden
Sシステムファイル ・・・ System
Aアーカイブ ・・・ Archive
-その属性以外


DIRコマンドで起動に関する重要ファイルを検索
このコマンドラインは起動に関する次のような重要なファイルが表示されます。
boot.ini bootfont.bin NTDETECT.COM ntldr など(覚えておいて損はない!(^^♪)
コマンドライン  C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>dir /ah c:¥>boot.txt を実行したら exit とタイプしてコマンドプロンプトを抜けましょう。
「スタート」から「ファイル名を指定して実行」に入ります。そこで「名前」欄に boot.txt とタイプして「OK」とします。メモ帳が開いて結果が表示されますから 保存してください。





◆ファイルの検索
DIRコマンドは,オプション /s を用いることで指定したファイルを検索して表示します。 DIRコマンドのあとに半角スペースを入れてファイルのパスとファイル名を入力し,半角スペースのあとにオプション「 /s」 を入力します。ワイルドカード「*」を用いることで,特定のファイル名や 拡張子を持つファイルだけを検索して表示することもできます。
<例>C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>dir c:¥windows¥*.txt /b /s  あなたのPCのCドライブのwindowsにあるすべてのテキストファイルをフルパスで表示します。


オプション説   明
/B /S検索したファイルをフルパスで表示


テキストファイルをフルパスで表示
私のPCのDドライブのwindowsにあるすべてのテキストファイルをフルパスで表示しました。デュアルブートですから, CドライブにWindows2000,DドライブにWindows XPが入っています。この画面はXPのものです。