本サイトのメイン FlipFlop Square です。どうぞ お立ち寄りください。 初心者のためのMozilla Thunderbird (日本語版)導入解説 Earlybird
| HOME | Forum & 初心者PC相談室 | Command Prompt | JTrim Ring | Enjoy JTrim |
HOME へ戻る
パソコンちょっとしたこと集
「インターネットデビューの前に」へ 戻る

Mozilla Thunderbird (日本語版)のダウンロードは

ダウンロード  ◆インストール  ◆主な設定  ◆迷惑メールの設定   ◆Firefox はこちら

オープンソースによるフリーウェアのメーラー Mozilla Thunderbird をご紹介します。(このページは version 1.0.2 で作成しています。)
<以下「窓の杜」からの紹介記事 抜粋です。>

Webブラウザー「Mozilla」に搭載されているメール機能を独立させたメールソフトであり、 オープンソースで開発が進められています。 ベイズ理論 を用いたフィルタリング機能で迷惑メール対策できるのが特長で、 受信メールのヘッダや本文に含まれる単語をデータベースに蓄積し、その情報をもとに新着メールを分析して 迷惑メールか否かを判定し、迷惑メールと判断されたメールは、 専用のフォルダに自動で振り分けられる仕組みとなっています。
メイン画面は、お馴染みの3ペイン形式を採用しており、各ペインの配置を3種類から選択が可能など カスタマイズ性が高く、ツールボタンの追加や配置変更ができるほか、スキンをインストールすることにより ウィンドウの外観も変更できます。また、プラグインの導入でウィンドウを4ペインに拡張してアドレス帳を表示したり、 マウスジェスチャー機能を追加することも可能です。
「Outlook」や「Outlook Express」といったメールソフトのアドレス帳、メール、アカウント設定を インポートする機能も備えており、他のメールソフトからもスムーズに乗り換えることができます。

◆ある程度使ってみましたが、結論としては非常に良好です。特に 迷惑メールに対する学習機能は、 Outlook Expressのメッセージルールとは異なった考え方(自分で学ぶ)ですし、しかもかなり精度の高いものでした。 不愉快なスパム系のメールは受信トレイに入らずに直接迷惑メールのフォルダに入りますので、 受信したときの煩わしさがなくなります。Thunderbird は勉強熱心?の使えるメーラーだと感じました。(^^♪

関連サイト
Mozilla Japan http://www.mozilla-japan.org/
Mozilla Thunderbird http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/
Thunderbird まとめサイト http://thunderbird.geckodev.org/
Thunderbird Help http://nightlybuild.at.infoseek.co.jp/help/index-ja.html
もじら組 http://www.mozilla.gr.jp/
窓の杜 Thunderbird http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/mailer/thunderbird.html




◆No.1 ダウンロード
Thunderbird まとめサイト http://thunderbird.geckodev.org/ にいくと、このようにいろいろなパターンのダウンロード案内があります。 ここでWindowsの日本語版 version1.0.2 を選択してください。



◆No.2  ファイルのダウンロード画面が出ます。「保存」をクリックしてください。



◆No.3  ダウンロードファイルの保存先を選択します。デスクトップでいいですね。保存ボタンをクリックします。



◆No.4  ダウンロードの完了を確認したら「閉じる」をクリックしてください。



◆No.5  Thunderbird Setup 1.0.2.exe ファイルがデスクトップにダウンロードされました。ダブルクリックで実行します。 (インストール終了後は削除するか、または どっかに仕舞っておきましょう。)



◆No.6  お決まりのセキュリティ警告画面です。「実行」をクリックします。



◆No.7 インストール
ここからインストール開始です。とっても簡単ですからウィザードに従って進みます。



◆No.8  お決まりの「使用許諾書への同意」画面ですね。同意しましょう。



◆No.9  セットアップの種類は「推奨」を選択します。



◆No.10  これで準備完了です。インストール先を確認して、いよいよインストール開始です。



◆No.11  インストールが始まりました。



◆No.12  あっという間に完了です。早速起動してみましょう。



◆No.13  デスクトップにこんなショートカットアイコンができましたね。これと間違わないように、 ダウンロードしたThunderbird Setup 1.0.2.exe は削除(またはどこかに仕舞う)しておきましょう。



◆No.14  各種設定の移行ウィザードです。通常は Outlook Express からの移行でしょうか?



◆No.15  各種設定をインポートしています。このように とっても簡単に設定を移行することができます。



◆No.16  既定のメールクライアントへの設定ですが、使い慣れるまでは これまでどおり Outlook Express でいきたいので、 ここでは「いいえ」にしました。



◆No.17  メールのパスワードの入力です。あなたが契約したプロバイダからのパスワードですので、送付された資料に 基づいて入力しましょう。(OEのアカウント設定のパスワードと同じですね。)
「パスワードマネージャでこのパスワードを保存する」にチェックすると、ログインの際に いちいちPWを 入力する手間が省かれます。環境によって選択しましょう。



◆No.18  機密情報に関する警告です。



◆No.19  お疲れ様でした。これが Thunderbird の起動画面です。アカウント設定やアドレス帳、メールもそのまま移行 しているでしょう。これなら気軽に移行できますね。
この後にちょっとした設定があります。



◆No.20 主な設定
プレビューによるウィルス感染を防ぐ意味から「表示」→「レイアウト」→「メッセージペイン」のチェックを外します。 これでプレビューされなくなります。



◆No.21  「ツール」→「アカウント設定」と進んで、左ペインのサーバ設定を選択してください。(アカウントが複数の場合は、 それぞれについて実行します)
「サーバにメッセージを残す」にチェックを入れて、残しておく日数を入力します。ただし、1台のパソコンでメール管理を している場合は「サーバにメッセージを残す」意味がありませんので、環境に合わせて設定してください。
なお、これ以外にもさまざまな設定項目がありますので、環境に合わせて適宜設定してください。



◆No.22 迷惑メールの設定
仮に、このようなメールが迷惑メールだとします。



◆No.23  「ツール」→「迷惑メールフィルタ」を選択すると、一番最初だけですが、このようなウィンドウが現れます。 よく読んでから「OK」をクリックします。



◆No.24  「迷惑メールフィルタ」の設定画面に変わります。「設定」タブのほうは、当面こんな感じで使ってみます。 うまくいかないときは、改めてこの場でご紹介します。(実は私もよくわかっていない。。。m(__)m)
このへんについての設定情報がありましたら、教えてください。



◆No.25  学習するらしいので、有効にしておきます。



◆No.26  迷惑メールフィルタの設定が終わったら、迷惑メールを選択してショートカットアイコンをクリックし、 それぞれのメールに迷惑メールを表すアイコンを付けていきます。
※No.24のように設定したところ、迷惑メールのアイコンマークを付けただけで迷惑メールフォルダに移動します。 つまり、手順No.27(下記)の操作は不要になりました。



◆No.27  迷惑メールにアイコンを付けたら「ツール」→「迷惑メールフィルタを実行」をクリックします。
※No.24のように設定したところ、迷惑メールのアイコンマークを付けただけで迷惑メールフォルダに移動しますので、 この操作は必要ありません。



◆No.28  すると、左ペインの迷惑メールの入れ物(フォルダ)にすべて移動します。
これを繰り返しているうちに、Thunderbird が学習し、自動的に迷惑メールフォルダへ仕分けされるように なるのでしょうか?(近日中にご報告します。)
※初めのうちは手動で迷惑メールを指定していたのですが、迷惑メールの学習を重ねていくうちに、 それらのメールが受信トレイではなく迷惑メールフォルダに入るようになりました。 Thunderbirdが自分で学習した結果です。



◆No.29  「ツール」→「迷惑メールとマークされたメールを削除」をクリックします。



◆No.30  これで迷惑メールフォルダにあったものがすべて削除され、ごみ箱に移りました。
私もよくわかっていない部分があり、ご紹介は時期尚早と思ったのですが、とりあえずご紹介してから いろいろ やってみよう!ということでアップしました。先輩の方々のご意見をお待ちしています。m(__)m
なお、いろんなことがわかり次第 更新していきます。

※成果(^^♪が見えてきました。N0.28でも書きましたが、初めのうちは手動で迷惑メールを指定していたのですが、 迷惑メールの学習を重ねていくうちに、それらのメールが受信トレイではなく迷惑メールフォルダに自動的に 入るようになりました。Thunderbird は自主勉?が得意ですね。エクセレント!です。
それに、Thunderbird を起動すると、メールサーバにある新着メール数も教えてくれます。 使えるメーラーだと感じました。みなさんもいかがですか!(^^♪



◆No.31  たとえば「info@」で始まるスパムを削除したいとき

Thunderbird は POPサーバでの削除は出来ないので、次のように設定すれば それに近い動作になります。
◆「ツール」→「メッセージフィルタ」で「新規」に次のようなフィルタを設定します。
「すべての条件に一致」
「送信者」
「が次で始まる」
「info@」
と設定して、そのフィルタ項目をダブルクリックして「フィルタの設定」に入ります。
「以下の動作を実行する」で
◆フォルダに移動する。にのみチェックを付けて「ローカルフォルダのごみ箱」を指定

◆「アカウント設定」で左ペインの「ローカルフォルダ」を選択状態にします。
右側の「終了時にごみ箱を空にする」にチェックを入れます。

こうすれば、何もせずに、目にもせずに「info@」から始まるスパムは消え去ります。 後のスパムはThunderbirdに経験的に勉強して削除してもらいましょう。(これがどこまで出来るか!ですが。。。。。)