一般的な贈り物の心得です お祝いやお返しをお考えの時 目安にご利用下さい
名 称 時  期 ギフトポイント のし表書き



結婚祝い 結納から挙式までの間に 現金以外の品物は、式当日の会場には
持ち込まない
寿・御結婚御祝
御祝
引き出物 当日 遠方から来られる方の為
重い物は、避ける
寿
お返し 挙式後なるべく早く 披露宴に欠席または、招待しなかった方
からお祝いをいただいた場合にも
お返しは、忘れずに
内祝




夫婦2人に向けるお祝いなので
二人が一緒に使える物を選ぶ
寿・御祝
銀婚 結婚25年
金婚 結婚50年

出産祝い 通知後1〜2週間の内に 出産前の出産祝いは、縁起が悪いので厳禁
(お祝いを持参する時は、1ヶ月以降に)
御祝
お返し 出産後1ヶ月以内 内祝


開店祝 当日まで 品物は、オープン前日までに
花輪は、当日に
店内で使っていただける物を選ぶ
御開店御祝
御開業御祝
お返し 内祝

新築祝い 落成後すぐに こちらの趣味を押し付ける事のないよう
新居のインテリア・調度などを伺ってから
考える
御新築御祝
御祝
お返し 入居後すぐに

寿
還暦祝 数え年61歳 お年寄りなのだからと変にこだわった
品物選びは、かえって先様の気分を
害しかねないので注意
御還暦御祝・寿
古希祝 数え年70歳 御古希御祝・寿
喜寿祝 数え年77歳 御喜寿御祝・寿
傘寿祝 数え年80歳 御傘寿御祝・寿
米寿祝 数え年88歳 御米寿御祝・寿
白寿祝 数え年99歳 御白寿御祝・寿

栄転祝い 決定後なるべく早く 品物だけを送りつけるのでは、無く
なるべくご訪問して手渡しをする
御栄転御祝
のし紙の使い方
表書きの言葉 さまざまな贈り物の種類に応じてのしの表書きも変わります
結婚祝い等慶事の祝いには、「御祝」「御慶」「寿」など

祝い返しには、一般に「内祝い」とします

謝礼の場合は、「御礼」「薄謝」「寸志」などがありますが
寸志については、目上の方には、失礼となります
又「粗品」と同等の用途で「みどり」「松の葉」と言う表書きもあります
表書きの位置 表書きは、上段の中央に書きます。文字が水引にかからないように
注意して上下1文字分の空白をとれるよう 文字の大きさを考慮します

先様の名は、書かないのが普通 入れる場合は、(上段左端に小さく)

送り主の名前は、下段中央かやや左側
連名の場合には、下段の右側に目上の人を書きます
贈り主の名を書くかわりに名刺を張る事もありますが
その場合は、下段中央よりやや左に寄せて張るようにします
水引の区別 のし紙にかける(印刷されている)水引は、縁起を担ぐ物なので
間違った使い方は、大変な非礼となるので注意が必要です

色は、結婚祝いには、紅白 金銀 赤金 
一般の慶事や贈り物には、紅白となっております
結びの形は、大別して2種類
「結び切り」「蝶結び」と呼ばれています
結婚祝いや弔事など2度と繰り返さぬ事を願う物にほどきにくい
結び切りを使います
又何度でもめでたい祝い事には、蝶結びを使用します
表書きの文字 表書きの文字は、毛筆で書くのが正式です
慶事には、墨色を濃く 
弔事には、「悲涙で薄められて」薄墨で書く事になってます