profile

★☆★基本情報★☆★
秋園 美緒
AKISONO MIO

愛  称:そんちゃん

生年月日:8月14日

星座:獅子座

血液型:AB型

身長:162cm

趣味:バイオリン 舞台観劇 読書

 1993年 宝塚歌劇団 入団

入団1年目から歌唱力が注目され、大劇場公演はもちろん事、ディナーショーなどにも出演し、数多くの作品で歌姫として活躍。

 1995年4月 「国境のない地図」新人公演でヒロインに抜擢。

その後新人公演では計4回ヒロインを演じる。

中でも「ウエストサイドストーリー」のマリア役では、歌唱力とわかわかしい演技力が高い評価を得る。

 1996年3月、すみれ賞受賞。*すみれ賞とは愛宝会が認定する、入団3年目の娘役最優秀賞のこと。過去の受賞者は黒木瞳、純名りさなどがいる。

 1997年5月 初のエトワールに抜擢。また同年9月「Elegy 哀歌」では初のヒロイン(王妃イゾルデ)を演じる。

 2000年6月、初の海外公演となるベルリン公演でエトワールの大役を見事に果たす。10月には「花吹雪恋吹雪」に出演し、一人二役に挑戦。日本物でも実力を発揮する。

 2001年には「ベルサイユのばら2001」でロザリー、「風と共に去りぬ」でベル・ワットリングなど、重要な女性の役を演じ、歌だけでなく演技でも活躍。

 2002年〜2003年、「ヴィンターガルテン」で実在のシンガーであるジョセフィン・ベーカー(ヒロイン)を演じ、比類のない歌唱力と演技力を印象づける。

宝塚最後の公演となった「ガラスの風景」では物語のキーパーソンである、リーザを好演。

2003年3月に惜しまれながら退団。

退団後は初ライブ「ファーストステップ」や南青山マンダラでの「オータムガーデンナイト」など、本格的なライブ活動の他にも、明治座「三人吉三東青春」や東宝ミュージカル「エリザベート」などにも出演し、あらゆるジャンルで幅広く活躍をめざしている。

より詳細なプロフィールはこちら