引きこもり・家庭内暴力・多重人格
 人は今の自分が標準的な自分自身だと思いこんでいますがもう一つ本来の性格があります普段は気付
かない短期だったり頑固だったり怖がったり臆病だったり優しかったりといういつもは融通が利かない人が
思わぬ場面で極端に優しかったりお酒を飲まない普段は優しいのに酒を飲むと人が変わったように暴力的
になる、ギャンブルにはまって借金だらけになるなど普段は何の問題ない性格があるきっかけで極端に激し
く変わる性格など。

ある程度おつきあいしないと解らない極端な場合家族でも知らなかった性格などありま
す愛京子はそう言う普段の人格と違う全く違う本人の裏の人格などを的確に見破るのが
愛京子の霊視の実力です。

 本来人は極端な例を除き個性というレベルの性格の違いしかありませんがその性格を
激しくするのは生い立ちであり親の育て方と地域社会学校や子供時代から思春期にか
けての人間関係などで人格的に感情が激情がたになり家庭の中限定だったり学校だっ
たり職場だったり酒を飲んだときなどに様々な騒動や事件を引き起こす事になるので
す。

 日頃兄弟が憎しみ会い、そして親の葬式の時まで兄弟喧嘩が始まり葬式が終わりいよ
いよ遺産相続の話が必要になって兄弟そろった時兄弟が一歩も譲らず自分の取り分を
勝手に主張してついに骨肉の争いになり裁判まで引き起こしてしまうそう言う家庭環境
は親が子供に対して躾や虐待の結果憎しみと怒りを子供に植え付けた結果ですそしても
っと怖いのは行き過ぎた憎しみや怒りが本人の中にトラウマとして心の深いところまで傷
を負わせてしまう事ですその結果その子供は悲惨な結果の人生を生きる事になるので
す。

虐待としつけとトラウマ
 極端な場合自身がトラウマを抱えている事を気づかない人もいます。
トラウマとは心に最も大きな深い傷を受けている症状です

1.幼児期の過ぎた躾、結果虐待がトラウマになり一生苦しむことになります。

 トラウマの原因は基本的に幼児体験にあります親はしつけのつもりで子供に様々なこ
とを指導しなければならないと言う責任感で思わず子供の行動に言葉や態度で子供の
気持ちを考えずにと言うお躾(親の強引な考え方を子供に押しつける)をするのです

 お躾をされた子供は訳が分からずパニックになりたたかれれば痛みが走り大きな声で
怒鳴りつけられたりにらまれたりすれば恐怖心が沸き起こり子供は親に伝える手段とし
てただ泣き叫ぶことしかできませんが泣く事さえ許されない虐待を与える親もいるのでま
すます子供は精神的に逃げ場のない追いつめられた日々になります結果親に対して拒
否、反抗、無視、隠し事が増える最悪自分自身の心を閉ざしてもう一つの別人格を誕生
させるのですこの結果が多重人格になります。
 トラウマの怒りや憎しみは暴力になり、恐怖は嘘つきや個人差が大きく場合によっては
多重人格になり自分で自分のコントロールが出来なくなる場合がある不安も臆病や嘘つ
きになる。

 子供に対しておやのしつけという様々な精神的肉体的暴力が毎日続くと子供は次第に
親から愛されていないと言う深い不安と虐待され身体の痛みと心の苦しみを抱えた結果
憎しみと怒りどうしようもなく心の奥底無意識の領域まで根付いてしまいつまり魂に抱え
込みつらい時苦しい時だけでなく日常的に何かしらきっかけが有れば人格が豹変するよ
うな言動が始まるのです。

憎しみ
 親が子供に絶えず攻めの言葉や暴力を続ける虐待、子供は本能の欲求を親に気ずか
れないように包み隠して自分の本能の思いを恨みの記憶「憎しみ」として理性の世界に
送り続けますその情報を受け取った理性の世界は、入ってくる情報が総て自分を攻撃の
情報として理解し感情の世界に提供する様に理解します。

 その為感情の世界は世の中が自分にとって嫌な世界という思いこみの世界になり、現
実の世界が正確に理解できなくなってしまうのです行動にかげひなたの強い優柔不断な
性格で強いものに対して従順を装い気に入られようとする心の性格になり自分より弱い
相手に対しては暴力支配し自己満足のはけ口にする。

 弱いものに対して攻撃的になりやすく本能の抱えている欲求を何時も親に押さえつけ
られているその欲求の問題を抑えるために理性の世界に、相手より肉体的に戦える年
齢になったら必ず仕返しをすると言う強い思いを記憶するという形で自らの欲求を押さえ
ているだけでなのです。

生まれて親から様々な形で虐待され成長して大人になった人は心に大きな傷を負ってし
まい人生にトラウマという魂が傷ついた状態で生きていかなくてはならない事になります

2.トラウマの苦しみ
子供のトラウマそしてトラウマが成人してから本人を様々な形でくるしめる事になります。
行動や言動として様々な個人の違いが出てくるので決まり事で断言できないのでよけい
に本人が苦しむ事になります周りにどんなに説明してもその時の苦しみを理解してもらえ
ないのです。

昔悪ガキという言葉でひとくくりされていました、友達や近所にその横暴な行動言動で言
う事を気かない人を傷つけるモノを壊す動物を虐待する等手当たり次第に人に迷惑を掛
ける存在なのですがその子供の魂が苦しみもがいて暴れている姿がそこに表現されて
いるのです。

3.大人のトラウマ
非常に対人に対して緊張する人を信用できないが逆に信用したと思った途端精神的に
相手に依存してしまい相手に逆らえないと判った途端何もかも相手に任せようと気持ち
が働く結果自分の感情を抑えきれない非常にイライラする。
相手の失敗や責任に対して許せないどんな事をしても責任を取らせようとするその結果
許せない怒りから思わず言葉で威嚇する手が出てしまい暴力をふるうなど非常に劇症
的な性格になる。

大人になってトラウマが本人を苦しめているその結果が極端な場合犯罪になるのです。

愛京子が数万人の悩みを聞くことで悩みと親子の関係に非常に原因を感じることが多く
て悩みの問題を追及すると原因に一人ひとりの生い立ちが影響していることが多く感じ
ました。

自分に自信が持てない、相手が信じられない、反対に相手をすぐ安易に信じて自分の責
任を放棄して何でもかんでも相手の言うままに行動して裏切られひどく心が傷つく女性が
多いようですが本人は相手を信じたのになぜ裏切られたか原因がわからないでひどく悩
んでいます。

4.トラウマの落とし穴  トラウマが引き起こす問題
トラウマの最も怖いのは本人の自覚がなくすべて相手が悪いからと自分の責任を転嫁し
て自分自身の責任を放棄しようとする行動ですその結果多種多様な社会問題になり人
類の終わりまで問題が解決しないようですその深刻な問題は個人的な問題そして他人と
のトラブル深刻な犯罪そして国と国の問題まで発展し宗教問題最終的には戦争問題ま
で行き着く事が考えられます。

トラウマと言うより被害者意識的な問題行動として自分に自信がない・自分に対して様々
なコンプレックス・依存タイプの性格・情緒不安・自分を守るため嘘をつき更にそのため
の嘘で固める・家族が信じれない・家族が仲良く食事する姿が白々しい・親に対して憎し
みの感情を持っている・

トラウマが原因による精神的な異常行動によるノイローゼ・解離性同一性障害「多重人
格」・幻聴や幻覚「いつも誰かにつけ回されている」「誰かに殺される」「自分の物を誰か
が盗む」など被害者意識が強くなりすぎて現実と幻覚の区別がつかなくなります。

登校拒否、閉じこもり、家庭内暴力、いじめ、自殺、万引き、窃盗、ストーカー、暴力事
件、殺人等など今の時代に始まった現象ではなく人類の存在することでついて回り文明
が進むほど魂がいびつに変形してひとり一人悩みが深刻になることと思います。

つまり自然界に存在しない人間界にだけ存在する文明が生んだ狂気の世界であり人類
の永遠の苦しみでもあります。

人生には多くの悩み事事件がありますしかしほとんど原因がお金や物そして人間関係が
上手くいかなかったからだと単純に答えを出していますが個人の問題から政治の問題企
業の問題そして国と国の問題まで根底に存在する原因は一人一人の生い立ちに原因が
必ずあると思います。

人類の誕生から現在までの長い時間が過ぎて未来に人類が生き残る可能性が非常に
厳しい環境になってきました。

人類は今文明と向き合い本気で反省して自然界に人類が生き残るための考え方発想文
明の間違いを修正すべき時に来ていると覚悟を決める時だと思います。

そのもっとも大手なテーマは人間が抱えているトラウマを解決することだと思われますし
かし最も難しいこの問題を解決しなければ人類の未来はおそらくないと思われます。

資本主義社会・社会主義・共産主義など世界の国々が繁栄を目指して競争しています
が一人一人の考え方が社会全体を動かしていますしたがって一人の人間の考え方を変
える事が出来れば全体を変える事が可能になる可能性があります


5.人類の責任
その為にも人間の始まり育児の始まりに母親がどのような心構えで育児子育てをするの
か父親は母親の育児にどのような形でバックアップするのかで家庭が全く違う世界にな
るはずです親が変われば子供が変わり子供が変われば社会が変わる社会が変われば
世界が変わるのです。

おそらくこの文章を理解しながらここまで読む人はいないでしょうもしいたとして何人かで
しょう人類は環境破壊と異常気象を他人事として最後に神仏のせいにして責任逃れの
言葉を残して滅びる事になるでしょう。

様々な危険や衝撃的な出来事が心に深く刻まれた心の傷である本人の力だけでは立ち
直ることが出来ないほどに精神的に多種多様な症状が表面化してきます。

恐怖心や怒り、悲しみ、後悔、憎しみ、チエック症、幻聴、幻覚、多重人格や記憶喪失、
躁鬱、動悸、頭痛、肩こり、冷え性、手足のしびれ腰痛、ヘルニア、背骨の曲がり、心身
症など本人が気づかない心の奥に傷がついて、治すことに本人と周りの人の協力が欠
かせない。


次第に肉体的成長するにしたがい親に反撃を開始する、そして親に対して戦うことが可
能になった時から、激しい「憎悪」で親に対して徹底的に攻撃する親と社会の責任です。

躾とはあくまで字のごとく行いを綺麗にする何事にも間違っているから責めるのではな
く、なぜそのような行動をするのか必ず理由がある、その理由を解決することが問題を
解決して素直な心でこちらの言うことを聴いてくれるのです。

相手に対して思いやりの心を忘れずに行動する姿を言い表す言葉が躾であります。

愛せない世界
 親と一緒に暮らせない、親はいても優しく抱きしめてもらえない他人の中で邪魔にされ
て孤独な生活だった。身近な人に愛情を捧げてもらえない人は幸せを感じることが出来
ない残念だが世の中には大勢いる。

ある宗教で「自分を愛するように隣人を愛しなさい」と言う言葉を教えているが、戦争の
中で育った人は恐怖と憎しみと裏切りを生きて敵どころか隣人さえも信じる事が出来な
いのです自分が嫌いと思っている人に自分を愛するようにと言う事は矛盾が起きる。


愛を捧げてもらう体験のない人の心は相手が不幸になっていく事そのものが自分と同じ
身近に感じて安心できるのです。

身近な人が幸せだと腹が立ち相手に嫌がらせをする。恐怖や痛みを自分が味わったよ
うに相手に与える。

トラウマ持っている夫婦の関係も不幸にも沢山存在して性格の不一致やDVやセクハラ
など当事者達は問題の核心である心にトラウマを抱え込んでいてその事が原因だと気づ
かずに単純にお互いの性格の不一致と処理されていまいお互いに不幸な人生を送って
いる人たちがいかに多いか残念ながら今の社会だと思います。

トラウマは薬では直せません直すには時間と対面による医師治療あるいは家族の理解
による協力しかないと思いますただし医師の治療にはトラウマ専門の医療技術を持って
いる病院であることが条件になります。

また家庭の場合家族の方に理解をしていただくために愛京子が一緒に考え詳しく説明い
たします。

 ストーカーと犯罪
好きなのに一緒にいる事が出来ない見る事が出来ない話す事が出来ないなど好きだと
いう欲求が満たされないその気持ちがますます強くなる

好きだという気持ちが次第に強くなり相手が拒むほど逆に心が激しくなり好きだという心
が満たされない為に次第に憎しみに変わり最後には自分の心が憎しみでいっぱいにな
る状態なのですその最も極端なのが男女の恋愛感情なのですその最も最悪な心の欲求
を愛欲と言い最悪の結果がストーカーや犯罪まで発展するのですがある条件の育ち方し
た人に起きる心の世界ですが誰でも簡単になるわけではありません。

悲しみや憎悪に満ちた親から育った心の状態は何事も満たされたことのない愛情を認
めない世界飢えた心を満たすことしか興味を示さない、極端になると、ほしいことのため
なら何でもする依存症タイプ、犯罪と狂気の世界まさに愛情という心の支えが無くては解
決が難しい症状。男女性別や年齢に関係なく起こります。

ある人を好きになり好きという心は単に好みの心の世界なのですがその気持ちが強く働
きすぎるとそれはもう強い欲の世界まで発展するのですつまり好きの心が相手を自分の
モノにしたい究極の愛欲の心で行動するそれは暴力まで発展する事なのです。 

お金持ちになりたいお金が欲しい。車が欲しい。家が欲しい。宝石が欲しい。自分の欲し
い物の為だけで考え動く働きそして自分の欲を満たしてくれないモノには一 切協力しな
い相手がどんなに訴えても聞く耳がなく、何々が欲しいと欲しい物だらけの現代人は欲
望の塊である。

人が100人いたとしますそしてその100人に貴方はお金を愛してますかと聞けばほとん
どの人達がお金を愛していると言いますしかしお金を好きだとか愛しているとか人に聞
かれて迷わず返事をイエスと答える事が本心だと思いこんでる人がなんと多いことか。

愛欲とは極端な表現をすると自分のモノにしたいと相手から取り上げてしまう 事、その
為に相手が力を失い光をなくし汚れそしてついには壊れて目の前から消滅してしまうさら
に時間がたつと己自身が欲のために疑心暗鬼になり心身の崩壊が始まり最後は全てが
消滅する。


結局人類は考える葦でなくトラウマを抱え文明と心中するか愛の会の言う女性を守る男
を育てて家庭を変え社会を変え国を変え世界を変える事このはてしなく長い時間を掛け
てこの人類の世界を正しい方向に舵取りしなければ全てが終わりになるのです。

信じるか信じないかでなく現実は行動を起こすか今まで道理の生き方で責任逃れをして
滅びるかはこの私たちの勝手であり責任でもあります。

結局文明という素晴らしいはずの知恵や知識を生かし切れない愚かな人類の私たちは
この自然界から排除されるでしょう。

下の付録の文章はアメリカのインデアンの教えを日本の言葉に訳したものですが昔から
代々言い伝えられてきた言葉だと思いますが現代に十分通用する言葉だと思いますの
で書き記しておきます。
付録
アメリカのインデアンの教え(加藤泰三著)抜粋。

1.批判ばかり受けて育った子供は非難ばかりします。

2.敵意にみちた中で育った子は誰とでも戦います。

3.ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります。

4.ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持になります。

5.心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなります。

6.はげましを受けて育った子は自信を持ちます。

7.ほめられる中で育った子はいつも感謝することを知ります。

8.公明正大な中で育った子は正義心を持ちます。

9.思いやりのある中で育った子は信仰心を持ちます。

10.人に認めてもらえる中で育った子は自分を大事にします。

11.仲間の愛の中で育った子は世界に愛を見つけます。

人間関係が苦手な人に他人とお付き合いする心がけとして愛の会が作成致しました
愛の13箇条 詳しくはこのページをご覧ください。


お知らせ
占い、霊視人生相談・愛京子


愛の会ご案内  ・霊視人生相談
人間関係及び個人的な悩みがあり人に相談できないなど悩みに困っている方
一度ご相談下さいプライバシーは守りますご安心下さい。
おたずねしてみませんかお電話でご予約頂くと後は愛京子にお任せ下さい。 
宗教や団体とは一切関係有りません。
30年の実績と経験と信用を頂いています安心してお電話下さ
TBS系テレビ全国放送に4年連続出演しています。
・RKKテレビ週刊山崎くん出演
愛の会
霊視人生相談 愛 京子  
電話 096−358−0865
熊本市南区南高江 1丁目14−113
愛京子の専用相談受付時間・料金ご案内 
愛の会 道案内


四角い点線の中のボタンをクリックすると専用ページに変わります
イジメと登校拒否
イジメと登校拒否


トップへ
トップへ
戻る
戻る