はてな?.72KB  何じゃ、こりゃ?


 左の写真は一体何でしょうか?
 一目で分かったとしたら、 貴方はこの道の『通』である・・・かも知れませんね。
 石垣にしては隙間が多いし、テープのようなものも気になる・・・ 多くの方がこう思われたのではないでしょうか。 いや、そう思って頂ければこの写真を載せた甲斐もあると言うもので・・・
 実はこの写真は釜飯用の陶器の釜でして、 「峠の釜飯」で有名な信越本線横川駅の近くで写したものです。 釜飯駅弁の元祖と言って良いのではないかと思いますが、 新幹線の開業に伴って信越本線は碓氷峠を越える路線が廃棄され、 横川駅を訪れる人は激減してしまったようです。 この写真の撮影時期は昭和55年ですが、 当時はこのように大量の釜を購入して釜飯を作っても、 多くの列車が停車していたので次々と捌けて行ったのでしょう。
 現在の横川駅は実質的に終着駅のようになっていますが、 私は裏妙義山系への登山口として利用しています。 でも登山用の昼飯として釜飯を見た場合には、 やはり容器が重いし嵩張るので、 下山後の帰りの車内で食べるようにしています。

 写真室へ戻る  トップへ戻る