雷鳥親子
雷鳥親子.138KB  この写真は1981年8月18日、 北アルプス雲ノ平で初めて雷鳥と出会った時のものです。
 高天原から岩苔乗越まで登って一休みしていると、 「クゥーン、クゥーン」と言う子犬のような声が聞こえてきました。 不審に思って辺りを見回すと、雷鳥の親子が歩いていました。 子犬のような声は、母鳥が雛鳥に注意を与えていたのだと思います。
 私がじっと動かないでいると、雛鳥は直ぐ目の前、 手の届く所までやってきて花や若芽を啄ばんでいます。 人間が危害を加えなければ、 野生の動物もこんなにも近くまでやってくるんですね。
 雷鳥は天敵の鷹などを避けるため、 天気が崩れる時に行動すると言われています。 この時も間もなく激しい雷雨となりました。


 写真室へ戻る  トップへ戻る