愛息子の作品集
息子が学校や旅行先などで作ったり、書いたりした作品を抜粋してまとめてあります。意外と子どもが小さい頃の作品って取っておけなくて処分しちゃいますよね。こうしてデジタル化しておくといつまでも新鮮なまま取っておけますよね。早く大きくなって欲しい反面いつまでも小さいままでいて欲しいって思うのはどこの親でも一緒ですよね(^^)


平成17年9月19日
作品名「ぐるぐるひこうき」

イヤーー驚いたことにまた今年も息子の夏休みの工作が市の総合展に出品されました。しかもなんと今年は県展にも出品されるとのこと。しかし、本を見ながらかみさんが息子と一緒に一日で作ったものがそんなとこまでいっていいんでしょうか。かなり怒られながら作っていたように思います。ちなみに僕はノータッチです(^^ゞ

平成17年8月29日
作品名「夢の公園」

どうやら真ん中で自転車に乗っているのは僕のようです。一見夏休みにあったことをたくさん描いたのかな?と思ったのですが自分の好きなことがいっぱいできる理想的な公園らしいです。魚釣り、キャンプ、サイクリング、滑り台、シーソーなどがあって我が家のインコまで登場しています。なかなか楽しい作品ですね。

平成17年4月24日
作品名「力」

小学校3年になると毛筆習字が始まるんですね。終日セットを買ってきてかみさんが道具の使い方などをレクチャーしていました。このあと家族全員で一枚ずつ作品を書き上げました(^^ゞ
平成16年
作品名「初めて泣いた竜」

学校で読んだ本のシーンでしょうか。僕の知らない話です。以前は画用紙をいっぱい使って絵を描けなかったのがはみ出すような絵が描けるようになったとこに成長を感じますね。
平成16年10月
作品名「巨大マグロ」

小学2年の校外学習で葛西臨海水族園に行ったときの思い出を描いたものです。マグロが印象に残ったんですね。
平成16年11月3日
作品名「牛乳パックカー」
これは僕が入院中に大学病院の敷地内であった大学祭の催し物で息子が作った物です。学生さんたちが廃品の牛乳パックとペットボトルのふたなどをたくさん用意してくれて子供たちと一緒に作って遊んでくれていました。
平成16年8月
作品名「ひらひらちょうちょ」
    
夏休みの自由作品で作った物が市の展覧会に出品されました。まぁ、元理科の先生だったおじいちゃんがかなり手伝ったようですが(^^ゞそれでも本人は照れくさそうに喜んでましたからまぁ良かったでしょう。


平成16年8月
作品名「水陸空用車?」

那須ハイランドパーク内のレゴのブースで作った作品です。何度も何度も作り直して、付け足して最後にはこのようになりました。遊園地に行ったのにブロックで遊んでいるのもどうかな?という感じでしたがとても楽しそうでしたので写真に納めました。


平成16年5月
作品名「親子キャタピラ」

この作品は運動会での親子競技の様子を書いた物です。昔からよくある段ボールの中に人が入ってハイハイをして競争する
「キャタピラ競争」です。僕たち親子は欠席の子がいた関係で予定外の紅組アンカー。しかも僕たちの前まで紅組が勝っている。これは抜かれたりしたら一体大事ということで大人げなく全力疾走!聞こえなかったのですがアナウンスでも「紅組早い!」と言われていたようです。何とか無事に白組に勝つことができました。息子もこの年の運動会での一番の思い出に思ってくれたようで何よりでした。