『PLANET OF THE Dopes tour~韓国への道』


Dope HEADz OFFICIAL SITEから転載してきたこの"帰って来たINAちゃん日記"。転載後初の更新はこれまたDope HEADz OFFICIAL SITE内のINA毎日日記(INAメッセージ)から"2002年Dope HEADz Tour & hide BAND韓国LIVE話"の転載だぜ。

旅日記その1

1012代々木ライブが終わった3日後からDope HEADzのリハーサルが始まったわけなのだがhide韓国ライブリハ&最強ドラマーのスケジュールの都合もあってDopeツアーのリハは本番当日のリハ含め、なんとたったの5回(←少ねぇ)でした。
まぁ、夏にMLJとかでリハ&本番を何回もやってたので今回のリハーサルではメンバーのグルーヴを合わせていくコトに重点をおいたね。

さて、10/22。
名古屋は早起きして当日入りだぜ。前日、荷物の選択&洗濯が長引いてしまい、あんまり寝てねぇぞ。俺サマーは電車の中とかで寝れねぇタチなのでちょいと辛かったさ。で、名古屋の会場に着くとPATAのスーツケースが無くなってるコトが発覚。
どうやらスタッフが新幹線の中に忘れてきたらしい←アホか!!!!(後に広島駅で発見されたので一同胸をなで下ろす)ハイ、ここでツアーのセットリスト発表。

PLANET OF THE Dopes
SE/DOPE DOOM
M01/Freak out (no intro version)
M02/virtu@l fuckers
M03/46億年の記憶
--- MC ---
M04/TRUE LIES
M05/WING
M06/evening rose
M07/FIRE WALL
--- MC ---
M08/with
PLASTIC LOOP~
M09/PLASTIC SMILE
--- MC ---
M10/MOVE
M11/REINCARNATION
M12/PARANOIA PIG
EN1/Foolish Bandit
EN2/You know?
--- MC ---
EN3/GLOW
SE/PLANET OF THE Dope


1stアルバムん時のツアーは持ち曲が少なくて苦労したけどアルバム2枚分の曲があると選曲にもこまらねぇよな。全体的にライブをスピーディーに展開していけるっつう感じで
なかなか良い曲順だと思いまくってますが、どうよ?。
終演後の打ち上げ(手羽先屋)はハードスケジュールの中全開モードでライブやったっつうのもあってみんな静かでしたね(特にRYUさん)。とりあえず名古屋参戦組のDope KIDzよ。サンクスでした。

つづく

旅日記その2

10/23
俺サマー的恒例になっってる「びっくりみそかつ弁当」を新幹線の中で食いつつ名古屋から大阪へ。午後1時30頃に大阪のホテルに到着いたしました。で、ここで事件発生。荷物を運んでくれた人のミスか?俺サマーの迷彩スーツケースが破損してんじゃん。引き出し式の把手がひんまがって使用不可能に。。。海外遠征すんのにスーツケースぶっこわれてたらヤベぇじゃんっつうコトでスタッフに買いにいってもらいました。
さて、夕メシの前に俺サマーとShameはラジオ大阪でコメント録りだ。24日の夜に放送される番組だったので「今日のライブは熱かったねぇ」などとテキトウなコト言ってきたさ。

その後ホテルに戻り、プルコギメン(旧焼肉屋のおっさん)を誘って鶴橋にある「空」っつう韓国焼肉屋でプチ宴会だぜ。この店は夏のMLJん時にも行った店なのだが、ウマイぜ&安いぜ(特にハラミ)。近所に住んでるやつらは一度行ってきなさいな。で、日本酒とか呑みまくって調子でてきたのでホテル近所のショットバー風味な店に移動。俺サマーはカナリ酔っぱらいモードで、初めて行った店にもかかわらずソファーに寝っ転がって呑んだりして、激しく"俺様"ブリを発揮してたらしい。Shame曰く「I.N.A.さんはどこいっても同じですね。ここは六本木か?って思いましたよ。」

10/24
昨夜、あんなに呑んだのに二日酔いじゃねぇぜ。すげぇぜ、俺。チロリンに教えてもらった健康食品「濃縮ウコン」飲みまくってるおかげだな。生活が不規則で酒の機会が多くてスタミナを維持したい人にキクらしいのだがもう、これって俺サマーの為にあるようなモンじゃん。今回のツアーはこのウコンにだいぶ助けられてマスです。
会場到着後、昼メシくってからリハーサル開始。大阪の会場は客席最前に来るとヴォーカルが聞き取りにくくなるので柵をいつもよりステージから少し離したとこにセッティングしてみました。その分メンバーは遠くなるけど、ちゃんと聴こえた方がイイだろ。っつうコトだ。とりあえず大阪参戦組のDope KIDzよ。サンクスでした。

さて、明日の韓国行きは朝6時にホテルロビー集合だぜ。もうね、早過ぎ。6時?いつもだったら寝る時間じゃん。こりゃ打ち上げなんてやってる場合じゃねぇぜ。

つづく

旅日記その3

韓国行きの為に朝6時ロビー集合だっつうんで昨夜の打ち上げはメンバー&スタッフ含め自由参加。メシだけ食って帰り早めに寝た人、一杯やって寝た人、集合時間まで呑み続けた人、荷物のパッキングにハマってた人(俺)など人生いろいろだったそうです。
不幸中の幸いか?、先日ぶっ壊れたスーツケースに使用済のあんなモンやこんなモンを詰め込み宅急便で東京に送り返すことができたので韓国行きの荷物はスーツケース(新品)x1個に全ておさまりました。っつうわけで、完全な手ぶらスタイルで渡航だぜ。
空港に着いてから出発までの長げぇーーー待ち時間はShame&宮城店長&プルコギメン&おぅ氏&俺サマーの5人でメシ食ったりスターバックス行ったりしながら暇つぶしてたのだが
集合時間まで呑み続けた組の宮城店長は朝9時の段階で人生おわってましたね。やっぱ昨夜は呑まないで正解だったぜ。

空港のセキュリティーチェック(金属探知機のゲートくぐるイベント)の時、見送りに来てくれたDope KIDzが「稲田さんは何回ひっかかるかなぁ?」みたいな話で瞳キラキラ輝かせながら盛り上がってたので、こりゃ一発で通らねぇとネタにされて悔しいぞと思い事前に指輪やネックレス、サイフのチェーン等全ての貴金属類を外し、ついでに靴も脱いで完全武装解除。一発OKで通ったぞ。ザマーみろ、ウシシ。、、、が、しかし、靴を脱いでたのをPATAに発見され、激しく笑われたので結果的には悔しかったけどな。
で、韓国への旅ですが、ハッキリいって近いね。2時間かかんねぇもんな。マンガ読み終わる頃にゃ着陸体勢にはいってたもんな。大阪から北海道に行くくらいのノリちゃう?(←何故か関西弁)。

さて、無事韓国に着きまして税関のゲートをぬけると韓国のDope KIDz達が暖かい拍手と共に出迎えてくれました。ちょっと感激。ハイ、ここで事件発生。空港から会場に向かう為のチャーターバスの前で一服してたところいつまでたっても俺サマーの荷物が運ばれてこねぇじゃん。「そろそろ出発です」みたいな雰囲気になってきてオイオイ、待てよ!!!!俺のスーツケースきてねぇぞ!!!!と。韓国まで来て着の身着のままで過ごすわけ?っつう感じでプチギレモードの俺サマー。海外遠征初ってのもあってスタッフもテンパリギミだぜ。大騒ぎして探したわけだが、結局機材の車に積まれてまして一安心。
そんなこんなアリつつハリきってETPFESTの会場に向かう俺らであった。

つづく

旅日記その4

さて、韓国に着いたばかりだが、今日はこのままリハーサルだぜってんで
ETPFESTの会場であるオリンピック競技場に向かってるわけだがここで新発見。っつうか知りませんでした→韓国の車道って右側通行なのね。道も広いし、どっちかっていうと日本の風景よりもLAの風景に似てたね。
会場到着後は東京から取材に来ているラジオのコメント録りだ。Dope HEADzバージョンでは俺サマーとHEATHがコメント。hide BANDバージョンでは俺サマーとPATAがコメント。「韓国はどうですか?」とか質問されて「まだ着いてから1時間くらいなんすけど」という間抜けなコメントしちまったぜ。

それにしてもソウルは寒い。同じ時期の北海道よりも気温が低いらしいもんな。しかも今日は曇り空。なにげに雨とかふりそうだし、だいじょぶかね?っつう感じです。
リハーサルまで少し時間があったので、俺サマーはライブ会場の隣で一日中やってるというソテジのFCイベントを見てきました。韓国ではこんだけ大規模なロックフェスティバルなんてのは他には無いらしく前日からしてカナリの盛り上がり度だったね。イベント会場内にはhideブースも設営されてて、韓国のファンの子達がhideが映し出されるモニターの前で踊りまくってたりしてて更に感激。

さて、そろそろリハだっつうんでステージに向かうDope HEADz。ステージはオリンピック競技場に隣接するナイキのグラウンドに作られているのだが、これがカナリでかいです。1012のhide代々木ライブを観にきた人はあのステージが3つあるくらいの大きさと思ってくださいな(詳しくは近々REPORT復活するからチェックしてくれや)。明日はここにどれくらいのお客さんが集まるのかなぁなどとワクワクしておりました。ちなみに今回のETPFESTはセキュリティーが非常に厳しくメンバーでもバックステージパスが無いとステージに行けないらしい。行けないどころか警察が来て追い出されるっつう噂もあったぐらいだぜ。ビデオカメラで俺らを録り続けてるファンクラブ代表"どれみちゃん"なんか何度も入り口で止められたり、現地スタッフに撮影禁止!!!!とかすごまれてしまいにゃ日本人スタッフにも「堂々としてないから言われるんだ」とか怒られてるし、なにげに可哀想でした。ガンバレどれみ。

で、4:30くらいからリハーサルスタート。この日、最強ドラマーは某Gのライブで仙台に行っているのでリハーサルのドラムは6月のAXでのイベントで叩いてもらったテツさんにお願いしました。曲の終わりとかRYUさんの叩たき方のマネしたりしてなんかすげぇーオモロかったです。
天気は相変わらずの曇り空で、この時間でこの寒さって日が落ちてから始まる予定のhide BANDリハではいったいどーなってしまうのかぁあああ!!!!的な心配がぁあああ。

つづく

旅日記その5

リハーサルの内容や感想はShameがメッセに書いてくれるだろうと勝手にいってみた。なのでDopeリハーサル後の話です。
Dope HEADzリハの約1時間後からhide BANDのリハだぜ。外は日が落ちて、さっきとは比べモンにならねぇほど寒いぞ。D.I.E.ちゃんなんて、韓国寒いって知らなかったの?的な超薄着仕様だし本間キヨシもパーカー1枚のみ。凍るなよ、マジで。激寒情報GETしてたCHIROLYNはダウンジャケットで完全武装。←性格でてるね。みんな使い捨てカイロで手とか身体を暖めながらリハーサルスタートなのだ。
hide BANDの時の俺サマーはステージから降りて客席まん中くらいまで行き音&映像のチェックなどもしてたのだが、3つあるスクリーンのうち、まん中がhide専用、両端の2つがバンド用みたいな感じでhideとBANDの一体感がすっげぇーーの。マジで、シビれたね。「韓国でもヤっちゃって!!!!」
一連のサウンドチェック等を終え一同は会場から車で約5分ほどのトコにあるCOEX INTER-CONTINENTAL SEOULっつうホテルにチェックイン。腹へったーー荷物置いてメシだぜーー本場焼肉だぜーーー!!!!
ステージスタッフは残念ながら片付けの都合上メシ場に合流できなかったのだがそれでもDope HEADz&hide BAND&マネージメントスタッフ等総勢ん十人での団体焼肉は壮絶だぜ。ノリ的には社員旅行みたいなモンかな(←謎)。LA在住中からコリアンタウンに焼肉食いにいってた自称焼肉通の俺サマーだがやっぱ本場は違うね。ここで食ったミノは俺の焼肉人生の中で一番ウマかったぞ。あーー、プルコギメン(旧焼肉屋のおっさん)にも食わせてやりてぇなぁ。まぁ、お前の分まで食っておいたから許してくれや。

hide BANDメンバーはこの焼肉屋に韓国語「旅の会話集」を持ち込み、明日のMCの打ち合わせ。Kiyoshi,CHIROLYN,I.N.A.がMCをするので通訳の人交えていろんな言葉&発音を覚えなきゃイカンのだ。まぁ、真面目に打ち合わせしたのは最初の数分で後はネタ風味になってたがね。ステージでKiyoshiが実際のMCで言う予定の「hideガ マルハゴ イッスムニダ(hideがこう申しております)」これのバリエーションが激しく笑えたぞ。
ドリフ風に言うなら"もしもこんなMCがあったら?"ってヤツだ。ステージ上で言ってるのを想像してくれたまえ。

「PATAガ マルハゴ イッスムニダ(PATAがこう申しております)」
「ヨギン オディジョ?(ここはどこですか?)」
「PATAガ マルハゴ イッスムニダ(PATAがこう申しております)」
「ピョ パヌン ゴシ オディエヨ?(切符売り場はどこですか?)」
「PATAガ マルハゴ イッスムニダ(PATAがこう申しております)」
「ファジャンシル ムリ アンネリョガヨ(トイレの水が流れません)」


、、、なんつう感じで、
受け答えの内容は「旅の会話集風」ならなんでもイイだけど、何故かPATAだけにオモシロすぎるぜ。このネタで小一時間は笑い続けたね。ちなみにCHIROLYNがMC用に調べてた言葉は「結婚してください」「私は病気です」「また明日」その他モロモロ。
お前はどんなMCするつもりなんじゃい????←と、つっこんでみた。

つづく

旅日記その6

10/26。遂に韓国ライブ本番の朝を迎えたぜ。昨夜、hide BANDの一部の人達は焼肉後も呑みにいったらしいのだが大阪ライブ後からあんまり寝てなかった俺サマーは遊びたい気持ちを押さえてホテルで熟睡しておりました。おかげさまで本日は目覚め最高&最強。ついでに天気も最高。
Dope HEADzの出演は3:30頃なのでホテルでメイクを済ませてから会場入りいたしました。楽屋で最強ドラマー"RYU"と感動の再会。RYUさんは25日仙台で某Gのライブを終えた後、車で成田に移動、成田で一泊してからソウルに当日入りという強行スケジュールだったのでマジで間に合うのかよ?と、なにげに心配してたのだったがこれで一安心。あとはモヒカンたてるだけだな。ハイ、ここで韓国ライブのセットリスト発表。

SE/DOPE DOOM
01/Freak out
02/46億年の記憶
03/evening rose
04/REINCARNATION
05/GLOW
SE/PLANET OF THE Dope
("DOPE DOOM"&"evening rose"は映像シンクあり)


ETPFESTは10バンドくらい出演する為、各バンドの持ち時間が非常に短いのだ。Dope HEADzの持ち時間は約25分。この限られた時間の中でDope HEADzを表現するには最高&最強の選曲だろうぜ。ライブの感想や韓国のお客さんの反応とかはShameがメッセに細かく書いてくれると思う(願う)ので省略して俺サマー自身が感じたコトをちょっとダケ発表。
この日、俺らの曲をほとんどの人が知らず、言葉も通じねぇ異国の地で20000人以上を前にしてライブをやることに、不思議と何の不安や恐れなどもなく、むしろマジですんげぇーー燃えたね。燃えまくってたね。始まる前とか、押さえられないこの気持ちって感じでDOPE DOOMが流れる中、Dope HEADz史上初の"円陣組んでの気合入れ"ヤっちまったモン。『音楽に国境は無い』ってのは、ミュージシャン同士の関係ではzilchで海外のミュージシャンと演ってたんで経験済だったわけだがバンドとオーディエンスの関係としてそれを体感できたのはマジで素晴らしかったね。
Dope HEADzがこのライブで得たモノは激しくでかかったぜ。

つづく

旅日記その7

祝・Dope HEADz韓国ライブ大成功!!!!
楽屋に戻るとhide BAND&スタッフから拍手の嵐。数時間後には本日2回目のライブスタートだぜ。それまでちょいと御休憩だ。がんばって俺、がんばってPATA。
さて、俺サマーはこの休憩時間を利用して髪型を変えるコトにしました。Dope HEADzではドレッドおろしバージョンだったのでhide BANDではドレッドモヒに変身する予定。(詳細はREPORT画像を見よ)
さて、さて、なんだかんだでアッという間に2時間半が過ぎ、hide BANDの出番。そろそろお願いしますっつう連絡がきて楽屋からステージ裏手のメンバー待機場に移動ってコトで外に出たわけだが、、、さみぃいいいい〜〜〜〜〜〜寒過ぎ。もう、息、、、白いじゃん。この寒さの中、野外でライブやるってのもスゲェ経験かもね。まぁ、まだ俺サマーなんて衣装が重ね着系だったからイイんだけどD.I.E.ちゃんなんてノースリーブに半ズボンだぜ。もう、笑うしかないよな。たぶん大晦日に野外ライブやったらこんな感じなんだろうなと想像したね。
hide BANDとしての出演、俺サマー的にはDope HEADzん時とはまた違ったテンションだったね。すでに一度、お客さんの前に出てるってのもあったのか、わりと冷静モード。燃えるぜっつうよりか、hideのライブを韓国でやるんだっていうコトで感慨無量的な感じだったね。1012代々木ライブ前日の心境に似てたな。が、しかぁ〜〜し、冷静モードと思いきやオープニングのPSYENCEが流れたとたん「ぅおりゃぁぁああ〜〜〜」ってなるから不思議なんだよな。ハイ、ここでhide韓国ライブのセットリスト発表。hide BANDの持ち時間は45分。3枚のアルバムから代表曲的なモノをチョイスいたしました。

SE / PSYENCE FACTION(ハングル字幕スーパーあり)
M01 / ROCKET DIVE
M02 / POSE
B&S LOOP <MC-Kiyoshi>
M03 / BEAUTY & STUPID
DOUBT TRANCE MIX <MC-hide>
M04 / FLAME
M05 / PINK SPIDER
M06 / DOUBT
POSE TECHNO MIX <MC-CHIROLYN>
M07 / ever free
M08 / DICE
<MC-I.N.A.>
M09 / TELL ME


本番直前の舞台ソデでは恒例の気合入れも行われたぞ。
D.I.E./YANA/I.N.A./CHIROLYN/Kiyoshi/PATA/hide、そして今回参加できなかったJOE/KAZ/RAN。全員の名前を呼んでの気合入れは愛に満ちておりましたぜ。MCも昨夜の勉強会のおかげでお客さんには伝わってたようだな。CHIROLYNのMCとかすんげぇーウケてたもん。ちなみにステージの中はというと

Kiyoshiが喋ってる韓国語、メンバー誰も理解してねぇじゃん。
CHIROLYNが喋ってる韓国語、メンバー誰も理解してねぇじゃん。
I.N.A.が喋ってる韓国語、メンバー誰も理解してねぇじゃん。


、、、そんな感じでした。
TELL MEの後は7人の若者達全員整列でサンキュー&バイバイ!!!!
最高にカッコよくて最高におバカなhide BAND韓国ライブも大成功だったぜ!!!!

THANX Seo Taiji,THANX KOREA!!!!

つづく

旅日記その8

ETPFESTのラストを飾るのはこのイベントの主催者であるSeo Taijiのライブ。
ソテジは韓国の音楽と音楽業界のシステムを根本から変えちまったカリスマと言われてるだけあって、彼の登場に待ってましたとばかりに会場全体が
大・大・大・大・大・大・大・
大爆発。
最終的に何万人集まってたのかは知らんのだが(お客さんが会場外まで溢れてたらしいよ)
とにかく韓国のロック少年少女のパワーは凄まじかった。10時間くらいのイベントだったのにお客さんのパワーが全然落ちねぇんだもん。しかも極寒の中、お客さん自ら水撒いてるし。すげぇよマジで。次回のETPFESTにも是非参加したいモンです(でも、もうちょい暖かい時期にやってくれ)。
で、ホテルに戻ってから地下のフロアで出演者全員が参加しての打ち上げがありました。ここで俺サマー"ヤっちゃって精神"大発揮しちゃったわけですよ(少し恥)。まぁ、最初はあくまでも紳士的にワインとか飲んでたわけなのですけどね俺サマーの場合、ハッピーな時ほどハジけまくってしまう習性らしくてね気がつけば韓国のバンドやアメリカのバンド(トミーリーバンドね)の奴らんとこ行ってハシャぎまくりで、コミュニケーションとりまくってきたぜ。ちなみにその時俺はいったい何語で会話してたんだろう?と、いまだに謎。

写真撮りまくったりしてしばらく遊んでたらウルトラ盛り上がりムードだっつうのに
パーティーイズオーバーみたいな感じで打ち上げ終わってんジャン。こんなんじゃ、遊びたりねぇーーよーー(松本風)ってんで街にくりだすコト決定。俺+Shame,RYU,Kiyoshi,CHIROLYN,YANA,その他数人でクラブに遊びに行ったのでした。

もうね、俺ってば、ここまでハジけてる時ってどうにも止まらないわけよ。クラブでも知らねぇ奴に声かけまくったりして、いっしょに踊りまくって跳ねまくって「なんだアイツは?」ってな感じで睨みきかせてる奴らも巻き込みつつセキュリティーにつまみ出されそうになるという危機も乗り越え最終的には"世界はひとつ"状態だったらしいぜ(←RYUさん談)。

もうね音楽に国境無いっていうよりか俺サマーには国境は無いって感じだね。
ただし本間キヨシにはすげぇ怒られたけどな(あんまり覚えてないけど)。

つづく

旅日記その9

10/27
Dope HEADzメンバー&撮影チーム以外は全員帰国してしまいました。寂しぃなぁ。。。本間、怒ってるかなぁ(あんまり覚えてないけど)。。。
本日はDope HEADzアーティスト写真の撮影日。飲み過ぎでムクんだ顔にメイクして夕方にホテルを出発。韓国の原宿だか銀座だかといわれてるらしい「明洞」っつうトコでのロケ撮影だ。
しかしですね、しつこいようですが寒いです。持ってきてる衣装、この寒さに対応してません。マジで。なので俺サマーは私服で撮影するコトにしました。スタイリストさんゴメンナサイ。
最初の撮影場所はカラフルな看板が立ち並ぶ異国情緒あふれた裏路地。一番手はHEATH。この寒さの中、素肌に革のシャツ一枚でよく頑張りました。拍手。その後はPATA、Shameの順に撮っていったのだが俺サマーは違う場所で撮るらしい。まだまだ時間かかるらしいし、ただ待ってるのも暇すぎたので、同行してきた大島暁美嬢といっしょに屋台で買い食いとかして遊んでました。民芸品屋でFC会員プレゼント用のお土産もGETしといたぜ。

撮影場所の移動途中、スターバックス発見!!!!ここ数日まともなコーヒーを飲んでなかったので、すかさず店に入りトリプルグランデカプチーノを英語で注文(つうじねぇ〜)。で、カプチーノ飲みながら店からでると「あれ?」誰もいないじゃん。異国の地でおぅ氏と二人っきりで迷子かよ。まぁ、テキトウに歩いてりゃ会うだろとか言って延々歩いてたけどいつまでたっても撮影部隊に遭遇しねぇので、おぅ氏もなにげに心配モードになってきて「やっぱり引き返しましょう」とか弱気な発言連発。「え〜〜〜足、痛てぇよーー、戻って会えなかったらめんどくさいじゃん」とダダこねまくってると前方からFC代表"どれみちゃん"が「あ〜〜〜ど〜しよ〜(汗)」状態で走ってくるじゃありま専科。もうね、お前が迷子みたいだよとおもわず笑ってしまいました(後で反省)。
なんだかんだで全員の撮影が終わったのは9:30頃。お疲れサマーでした。みんな身体が冷えきってしまっていたので本日の食事会はチゲ鍋に決定。

つづく

旅日記その11

10/28
やったぜ。9時に起きれたぜ。
本日は帰国日なので昼過ぎにロビー集合なのだが韓国にきてからどこにも買い物行ってないじゃん、俺。、、、っつうわけで、ホテル地下に広がる巨大ショッピングモールを探険する予定で早起きしたのだった。が、しかし、でたらめに広すぎるこのモールを集合までの約2時間半くらいブラブラしてたのだが、特にオモロイものは発見できませんでしたね。ソテジのCDも買いにいったけど売り切れだったし。
で、そろそろ時間っつうコトでホテルに戻りチェックアウト。ロビーに集合してると韓国のDope KIDzが見送りにきてくれてました。サインくださいと渡されたCDが、なんと、その昔俺サマーが作った内田有紀ちゃんの「ハートブレイクスナイパー」だった。韓国で稲田マニアに遭遇してなにげに嬉しかったです。

空港に着きお土産にキムチと韓国海苔を購入。「カムサハムニダ・トマンナヨ〜〜〜(ありがとう・また会いましょう)」と現地スタッフに告げ韓国ともお別れだ。Dope HEADzで韓国に来たいなぁとマジで思いましたね。

5時頃成田到着。こっから家までの道のりが、長いわけなのだが俺サマーには早く帰ってやらなきゃイケないコトがある。明日のAXの為に側頭部のジョリジョリをブリーチして赤に染めるのだ。(宮城転調の説では、最近ロンドンで髪の毛2ブロックに色わけすんのが流行ってるらしい)
つづく

旅日記その12

10/29
帰ってきたぜぇ〜〜東京ぉおおぅ!!!!Shameが入ってからの初ワンマンツアーってコトで名古屋〜大阪〜韓国と旅してきてわけだが、このツアーでDope HEADzが得てきたモノをここAXで全てぶちまけるぜってな感じでハイパー盛り上がりムードだぜ。
俺サマーは午前中の段階で今日のライブはすげぇ良いライブになると予言していたのだが、マジで予言的中しまくったね。
この日は途中BASSの機材がトラぶったりもして、普通なら落ちちまうトコだろうけどそんなトラブルも跳ね返したHEATHのキレっぷりは凄かったよな。あと、なんかの曲でPATAが誰よりも早く煽りだしたのもある意味凄かった(笑)。
なんか、Shameも完ペキにDope HEADzの"顔"になったっなぁと実感したしRYUはRYUで、やっぱ最強ドラマーだし。まぁ、ライブ中の細けぇコトはたぶんShameがメッセに書いてくれるハズなので多くは語らないつもりだが、とにかく最高にハッピーな夜になったぜ!!!!っつうわけで、東京参戦組のDope KIDzよ。サンクスでした。旅の最後に一言
今回の旅は感動しました(いろんな意味で)。こんな俺らの遊びにつきあって、寝る時間けずってガンバってくれてたステージスタッフ&マネージメントスタッフに心から感謝します。そして、いつも応援してくれてる世界中のDope KIDzにTHANX!!!!
では、みなさん12月に福岡でお会いましょう。

PS
しばらく消えます。捜さないでください。
          
                          2002年11月某日 I.N.A.