トップページへ戻る
墓 所 名 三浦義同(道寸)の墓
お墓の様子
所 在 地 神奈川県三浦市三崎町小網代

〜コ メ ン ト〜

三浦氏の最後の当主、三浦義同(道寸)の墓。相模

攻略を目指す北条早雲に岡崎城、住吉城と攻め

落とされた義同は最後に新井城に籠城をするも1516

(永正13)年7月11日、ついに新井城は落城、「討つ者も

討たるる者も 土器(かわらけ)よ くだけて後は

もとの塊(つちくれ)
」 との辞世の句を残し、平安中期

以来、約450年間三浦半島に勢力を振るった

三浦氏はここに滅亡した。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る