『すべての即身仏との
対面を終えて・・・』
トップページへ戻る
前のページへ戻る
2007年7月8日、一般公開している即身仏15体、


すべてとのご対面が完了しました。また同日かつて


即身仏が確実に存在していたといわれている


すべての寺院の訪問も完了しました。





思えばあの日・・・。大日坊で真如海上人の即身仏


との対面をしてから4年余り・・・。ついに私は最後の


1体となっていた観音寺の全海上人とのご対面を


果たしました。しかし、もともと即身仏のことは、その


存在は知っていても、特に興味も関心もなく、そもそも


真如海上人が安置されている大日坊を訪問したこと


自体がまったくの偶然であったことを考えると、今、


こうしてすべての即身仏との対面を終えたという


事実に、当の私ですら実感がないというか、不思議


でならないというか、もっといえば違和感すら感じて


います。しかし現在の贅沢三昧で堕落しきった葬式


仏教、職業仏教とは違い、人々が未曾有の飢饉、


天災、疫病などにより、餓え苦しみ、生きながらにして


この世の地獄を体験している救いのない暗黒時代に、


衆生救済のためにこの世の苦悩を一身に背負い


湯殿山に籠り、今の僧侶には絶対にできないであろう


五穀断ち、十穀断ちを始めとした厳しい千日修行を


経て、最後には生きながらにして土中入定し、己の身と


引換えに衆生救済を果たしたという即身仏のストーリに


少なからず私が魅せられたことがすべての即身仏との


対面を果たした原動力となっていたのかもしれません。




実は日本には即身仏以外にもミイラ伝説(例えば奥州


藤原氏三代のミイラ等) というのが少なからずあります。


当初、私はそういったミイラについても、出来る限り


訪ねてみようと思って下調べなどもしていましたが、


厳しい修行の末、即身仏となられた方達と対面するに


つけ、偶然ミイラとなった方達には あまり興味がなくなって


しまいました。今後どうするかは今のところ未定です。

佐竹

ちゃ