ご尊名

舜 義 上 人
寺院名 妙法寺
(天台宗)
系統 不 明
所在地 茨城県西茨城郡岩瀬町本郷
ミイラor
即身仏
即身仏 没年又は
入定年
貞享3年(1686年)
2月15日
(78歳)
入定伝説 地上入定後
石像胎内
通算
訪問回数
1 回
お寺の様子
即身仏 即身仏
即身仏
ご尊顔 デ ー タ ー な し
お寺の
縁起より
俺の感想
コメント

俺が見た通算8体目の即身仏である。
しかしお寺の方の 『舜義上人は相模ノ国は
三浦郡の出身で衣笠城主三浦資澄公の
嫡男としてお生まれになり、成人したのちに
鎌倉宝戒寺の住職となり…云々…。』との
説明を聞いていて、俺はすぐに舜義上人の
生い立ちはまったくのデタラメであることに
気が付いてしまった。『はあぁ〜???』
俺はその衣笠城がある横須賀の出身で
三浦一族の系譜もそらんじているが、
資澄なんて当主はそもそも存在しない!
っていうか衣笠城は鎌倉時代の宝治合戦
以降は廃城となり、放棄されたので、衣笠
城主なんてものが存在するわけがない!
そして、これが極め付けだが、三浦一族は
戦国時代初期の永正13年(1516年)に
北条早雲に攻め滅ぼされ、滅亡して
しまったので、悲しいかな?舜義上人が
生まれた江戸時代には三浦一族が存在
しているはずはないのである。
・・・。俺が歴史オタクであるがために
知らなくていいことまで知ってしまった・・・。
伝説や言い伝えなんて所詮そんなもので
時代と共に移り変わっていくものなんだな…
ってことが「よぉ〜く」身に沁みて分かった。
それともなければ舜義上人自身が生前、
自分の箔をつけるために周りの僧や弟子、
村人達にそう語っていたのだろうか?
まぁ〜何にしろ人の話っていうのは鵜呑み
にせずに、疑って掛かった方がまず間違い
ないな!って改めて思った出来事だった。
ちなみに舜義上人の名誉を守るために
一つ付け加えると、舜義上人が鎌倉の
名刹「宝戒寺」の住職だったことは、宝戒寺
歴代住職の過去帳にも「戒心院舜義和尚、
妙法寺ニテ入定…云々…」と記されて
いるのが確認されているので間違いが
ないものと思われることである。

トップページへ戻る
前のページへ戻る