Let's get down to single figures!
2年でシングルプレーヤー

 「熱心に練習し、コースにも通っているのに上達しない。 壁にぶつかって何年にもなる」。 そんな悩みを抱えたゴルファーの福音となるサイトを目指しています。
 ぼく自身、シングルの壁を破れなくて何年も悩んでいました。しかし、 還暦を2年後に控えて一念発起! 1年10カ月後に、身長170センチ、体重53キロ、 腰周り72センチの華奢な体の普通のサラリーマンのぼくが、 楽々とシングルの壁を破ったのです。
 ぼくが、仕事の経験を活かしてシングルの壁を破った顛末を、 『普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法』に詳しく記しました。 ご一読くだされば幸いです。
 加えて、2009年5月に上梓した『 普通のサラリーマンが2年でシングルになるための18の練習法』 をご参照ください。ぼくが長年続けている5つの体の鍛錬法と、13の実戦的な練習法を公開しています。
 これら2冊の既刊書と3部作を構成する『 普通のサラリーマンが2年でシングルになるための7つの基本動作』 を、2010年5月に上梓しました。 プロや上級者ならだれもが実践しているスウィングの「基本動作」を詳説しています。 3部作を読めば、シングルへの道がはっきりと見えてきます。
 なお、6年にわたって語り続けてきた「山口式上達法」を集大成し1冊に凝縮した、 『【図解】 月イチゴルファーが無理なくシングルになれる72の法則』 を、2010年8月に上梓しました。 それぞれの「法則」を、見開きの2ページを使って説明しています。左ページが解説で、右ページが図解です。 解説と図解を照らし合わせながら読み進めてください。 練習法や体の動かし方などが、自然に頭に入るように工夫してあります。
 さらに、『サラリーマンが夢のシングルをかなえる山口式7つの基本動作』 を、2011年4月に上梓しました。 本書では、「7つの基本動作」の一つひとつを、著者自らの実演写真で詳説しています。 言葉だけでは理解するのが難しかった基本動作も、実演写真であれば一目瞭然です。
 また、『普通のサラリーマンが2年でシングルになるためのラウンド術』 を、2011年9月9日に上梓しました。 これまで18年にわたって醸成させてきた、コースでよいスコアを出すための実戦的な心得を公開しています。 本書に記されている「18のラウンド術」を実践するだけで、現在のスウィングのままでも、 ベストスコアを更新することができます。
 さらに加えて、『死ぬまでゴルフ! ゴルフ人生を全うするための18訓』を、 2012年10月12日に上梓しました。ゴルフを真面目に探究することで、人生はより豊かに>なります。 では、どうすれば、死ぬまでゴルフが続けられるのか――。 ぼくが実践している18のこだわりを一冊に凝縮しました。
 最後に、本で書き切れなかったこと、その後見つけた上達のツボを、 「練習ノート」に掲載しています。 皆様のご精進の参考になれば幸いです。

新著出来!
 2014年10月2日に『普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法〈新版〉』を上梓しました。 14回にわたって増刷を重ねた『普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法』の改訂版です。 読者から寄せられた多くの質問と、その後の探究の成果を踏まえて加筆修正するとともに、内容の充実を図っています。
 さらに、「60代はゴルフ黄金期」と題する第6章を書き加えています。 人生の大きな節目である70歳になってはじめてわかることが色々とあるのです。 充実した「ゴルフ黄金期」を迎えるための処方箋を詳述しています。

新連載!
 2015年3月6日、朝日新聞の言論・解説サイト「WEBRONZA」で 「 ゴルフがある喜びと幸せ」と題する連載が始まりました。 ゴルフの見方、楽しみ方、ゴルフ界やゴルファーへの提言や問題提起を中心に書いていきます。

連載中!
 2014年10月10日新創刊の健康情報サイト「日経Gooday(グッデイ)」に 「 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!」と題した記事を連載中です。 鬼編集長の命令でシングをル目指して奮闘する編集者の実話をお楽しみください。

連載中!
 「日経電子版」に 「 リンクス旅に出かけよう」と題した17回の連載記事が掲載されています。 現地で撮影した臨場感あふれるコース写真が満載です。 イギリスとアイルランド各地のリンクスを巡る誌上体験の旅をお楽しみください。


 スコットランドの西、大西洋に突き出した長大なキンタイア半島の先端にあるマクリハニッシュに再び向かった。 15年ぶりに、マクリハニッシュの「バッテリー(砲台)」 と呼ばれる1番パー4のティグラウンドに立ち、海越えの一打に臨めば感慨無量!  スコットランドにやって来て、初めてのリンクスでこのホールをプレーした日のことを、昨日のように思い出す。
 少しでも引っ掛ければボールは海の藻屑。  思い切ってドライバーを振ると、白球は高く飛翔して、楽々と海を越えてフェアウェイを転がっていった。 気持ちイイ!
 この一打のために、はるばるキンタイア半島までやって来たのだ。

Copyright(C)2004 Shingo Yamaguchi. All rights reserved.