本サイトのメイン FlipFlop Square です。どうぞ お立ち寄りください。 ファイル形式 FAT32 → NTFS 変換方法 Earlybird

Windows2000/XPを使っているけどファイルシステムがFAT32だったり,98やMeからのアップグレードでCドライブだけはNTFSだけど Dドライブ以降はFAT32という方もおいででしょう。NTFSならば4GBの壁もなくなりますし,ファイルなどにセキュリティ設定が 可能になります。ただし,一度変換したら NTFS → FAT32 の変換はできませんので注意してください。(どうしてもということであれば, フォーマットし直さなければなりません。)
ここでは起動ドライブ(C:ドライブ)を例にしてやってみましょう。(起動ドライブC:でなければ適宜ドライブ名を変えてください。)



◆スタート→ファイル名を指定して実行→[cmd]と入力エンター(スタート→プログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトでも可)

◆>のあとに [convert c: /fs:ntfs]と入力してエンター
 C:\Documents and Settings\ユーザ名>convert c: /fs:ntfs
 ※詳しく書くと  convert[半角スペース][ドライブ:][半角スペース]/fs:ntfs (すべて半角入力です。)
 ※オプションで [ /v]をつけると,変換処理中にすべてのメッセージを表示します。>convert c: /fs:ntfs /v となります。

◆「ドライブ C: の現在のボリューム ラベルを入力してください」というメッセージが表示される場合があります。
ボリューム名を入力し、 [エンターキー]を押してください。

◆「ファイル システムの種類は FAT32 です。ボリュームが別のプロセスによって使用されているため、変換を実行できません。 このボリュームのマウントを解除すると、変換が実行できる可能性があります。この場合、このボリュームへ開かれたハンドルは すべて無効になります。このボリュームのマウントを強制的に解除しますか? (Y/N)」というメッセージが表示されます。 「n」を入力してエンターです。
  ※起動ドライブC: の変換以外ではこのメッセージはでません。

◆「システムが起動中のため変換できない」旨のメッセージが出ます。「次回のシステム起動時にスケジュールしますか?」 と聞かれますから「y」を入力してエンター(これは起動ドライブの「エラーチェック」などと同じですね。)
  ※起動ドライブC: の変換以外ではこのメッセージはでません。

◆[exit]と入力してエンターでコマンドプロンプトを終了し,パソコンを再起動します。

◆Windowsが起動する前に変換が行われます。

◆マイコンピュータの Cドライブのプロパティで変換されているかを確認してください。
※変換でHDDの内容が失われることはありませんが,心配な方は大事なデータなどはバックアップしたほうがいいですね。)


◆上記のように実行すると、変換した際にフラグメンティションが発生し、パフォーマンスが低下するようです。 以下はMYCOMジャーナルからの引用ですので、 参考にしてください。(syoka氏ご提供)

こんにちは、阿久津です。久々にデスクトップPCのOSを入れ替えました。と、いっても中身はWindows XPのままで、 HDDを120GB×2に入れ替えただけ。そのままドライブ内容をコピーしても良かったのですが、 どうもOSの動作が不安定になってきたため、これを機会にWindows XPの再インストールをしたわけです。 これに以前のプライマリHDDだった80GBを作業用ドライブとして増設すると合計320GBの大容量。 正直、筆者自身もこれほどの大容量を何に使うのかわかりませんが、VMWareの各イメージや 地図ソフトの丸ごとインストールなどをしていると80GBでは少々心許なかったのも事実です。

インストール作業自体は問題なく完了したのですが、不具合がひとつ。 どうしてもIEEE1394インタフェースに接続している各デバイスの動作がおかしいのです。 現在、IEEE1394ポートには、他のIEEE1394ポートがあるPCと接続するネットワークアダプタ、 iPod、リムーバブルディスクケースがつながっていますが、ネットワークアダプタ以外すべて全滅。 半日ほど格闘しましたが、どうしても原因が掴めず、iPodはIEEE1394ポートを持っている他のPCに接続しました。 リムーバブルディスクケースは、他のPCでも安定動作しないためとりあえずお蔵入りさせ、 同メーカーのUSB 2.0接続タイプをつなげてみましたが、これがウソのように認識して動きます。 どうも筆者はIEEE1394関連の相性が悪いようです:-p。

そんなこんなで、Windows XPの再インストール時にHDDをNTFSでフォーマットするのが一般的となっていますが、 いまだに古いアプリケーションとの互換性のためや、大量のファイルを効率よくアクセスするために FAT32を使っている方も少なくないかと思います。しかし、セキュリティ面に多くの脆弱性が見られるWindowsですので、 ユーザーができる範囲でセキュリティを高めるよう努力するべきと言えるでしょう。 そういう意味で筆者はFAT32よりNTFSを推奨するわけです。

しかし、アプリケーションの再インストールや作成したデータの待避など煩雑な作業が多いため、 そう簡単にOSを再インストールすることはできないでしょう。そのため、Windows XPには、 FAT32→NTFSへとファイルシステムをコンバートする「convert」コマンドが用意されています。 しかし、これをそのままコンバートしてもNTFSのパフォーマンスを完全に引き出すことはできません。 それはMFT(Master File Table)というインデックス領域が必要になるからです。そこで今週のTIPSは、 MFT用の領域を作成してNTFSのファイルコンバートを効率よく行う手順を紹介しましょう。 ただし、以下の作業を実行する前に、対象となるドライブに「デフラグ」を実行してフラグメントを解消しておいて下さい。

1.<スタート>メニュー→<すべてのプログラム>→<プログラム>→<アクセサリ>→<コマンドプロンプト>と選択する。
2.「コマンドプロンプト」が起動したら、プロンプトに半角で「fsutil file createnew c:\hoge 6000000000」と入力実行する。
3.続いて「convert c: /fs:ntfs /cvtarea:hoge」と入力実行する。
4.実行の確認をうながされるので[Y]キーを押す。
5.再度、実行の確認をうながされるので[Y]キーを押す。
6.コンバートするドライブがホストドライブ以外ならばすぐに、ホストドライブの場合は再起動後にコンバートが開始する。

これで作業が完了しました。この作業によって、HDDの空き領域が少なくなった際にフラグメントが起きにくくなるのです。 ちなみにステップ2で入力する数値「6000000000」は、40GBの約15%である6GBをバイト値で指定しています。 確保する領域の目安は対象となるドライブの10〜15%です。HDDが80GBならば「12000000000」と指定すればいいでしょう。
それでは、また次週お会いしましょう。
阿久津良和( akutsu@pc.mycom.co.jp )