| HOME | Profile | Forum | アクセス集計 | 厳選/備忘リンク集 | CGI バラエティ | Enjoy JTrim | JTrim Ring |


◆コマンド一覧  ※ フォントの都合上 半角英数の¥を全角で表示しています。

 起動/入力/終了
 DIR
 CD (or CHDIR)
 FORMAT
 XCOPY
 MORE
 RECOVER
 
 NETSTAT
 画面サイズの変更
 DEL
 MD (or MKDIR)
 DISKPART
 TASKLIST
 SYSTEMINFO
 
 
 IPCONFIG
 ページ単位で表示
 REN (or RENAME)
 RD (or RMDIR)
 CHKDSK
 TASKKILL
 DRIVERQUERY
 
 
 PING
 結果を[.txt]で保存
 ASSOC
 COPY
 DEFRAG
 ATTRIB
 FC
 
 
 
 ファイル名[DIR /X]
 FTYPE
 MOVE
 CONVERT
 TREE
 REPLACE
 
 
 


Command Prompt へ戻る Command Prompt へ戻る

◆ CHKDSK ・ ・ ・ システムファイルの整合性をチェックし,エラーを修復

CHKDSKコマンドは,ディスクパーティション上のファイルシステムの整合性をチェックし報告します。また/Fオプションを指定する ことにより,エラーがあった場合は修復します。
<例>C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>chkdsk c:  Cドライブのエラーをチェックします。
<例>C:¥Documents and Settings¥ユーザ名>chkdsk /f c:  Cドライブのエラーを修復します。起動ドライブの場合はチェックディスクが次回の起動時にスケジュールされます。
詳しくはこちら


オプション説   明
/Fディスクのエラーを修復する。
/Vディスクの全ファイルのフルパスと名前を表示する。
/R不良セクタを見つけ,読み取り可能な情報を回復する。


チェックディスクの画面表示
Fドライブを修復オプションなしでチェックディスクを行った結果の画面です。




チェックディスクの画面表示
Cドライブを修復オプション付きでチェックディスクコマンドを実行した画面です。
次回のWindows立ち上げ時に、Cドライブの修復オプション付きチェックディスクがスケジュールされました。 次にパソコンを立ち上げるとき、Windowsが起動する手前で、チェックディスクが修復オプション付きで実行されます。 終了すると、再度バイオスから立ち上げが開始されます。